シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

世界観のつくり方

「インスピレーション」や「シンクロニシティ」の流れに乗ろうとしたら、ドキドキするものなんだよ。

記事に書きたいことがいくつかあるのですが上手に言語化できないです。心境の変化や、新しいチャレンジなどが重なって意識が大きく広がったり、狭く小さくなっていったり・・「君は、本当はなにをしたいのかい??」と問われている感覚です。可能性が大きく…

あなたのは「読書会」じゃない!⇒じゃあ「読書会」でなくていいよ!

本を出版してから3週間ですが すでに大塚商会さんのセミナーでご紹介いただいたり朝活イベント、朝食会、読書会などで ご紹介いただいていらしいです。すごい嬉しい!!! 読んでほしいという以上に「使ってほしい」「使い倒してほしい」という感覚が強いの…

秦由佳さんが「シンクロニシティ」を!「点」と「点」を繋いで創造する自由。

秦由佳さんが、メールマガジンで「シンクロニシティ」について取り上げてました。 yukahata.com 秦由佳さんの視点や、言葉のチョイス、センスが大好きで「シンクロニシティ」の解説もまた素敵なのです!!! 私はもともとむかしから、 点と点がつながる瞬間…

自分は今一歩、抜けられない病。

「自分は今一歩、抜けられない病」という病気があります。 この病気にかかると・・ ・「なにか、あとひとつ加われば抜けられそう」という “ あとひとつ ”を毎日探すものの なぜかその “ あとひとつ ” がどこに行っても 何ヶ月も何年も見つかりません。 ・「…

『 世界観 』が『 未来の世界 』に近づけば近づくほどインスピレーションにもシンクロニシティにもどんどん乗っていける

「 今いる世界 」から『 新しい世界 』への先導をしてくれているのが内側からくる『 インスピレーション 』です。 そして実際にその世界へ向けて、外側の現実世界で動いているのが『 シンクロニシティ 』です。 インスピレーションは内側から、シンクロニシ…

1枚の画の中にストーリーがある。フォトグラファー橋本和典さんに、また撮影していただきました!

自分の写真は好きではありませんでした。旅行に行っても、風景は撮っても自分は入れない。鏡に映る自分はそこまでは気にはならないのだけどレンズを通して見る姿はどうにも気持ち悪くて落ち着かない。見ていてイライラするぐらい(笑)最初にブログを立ち上…

魂の目的は『体験したいっ!』

咲舞さくらさんの記事が面白いっ!!(≧∇≦) ameblo.jp わたしは「魂の目的は成長すること」と言われると 感覚的になんか違うなーって感じます。 地球で言うところの成長って ・階段を上るような ・背が伸びていくような ・大きく膨らんでいくような ・上昇し…

やることがいっぱいでパンパン!!!そのほとんどは、『気分』です。

『やることがいっぱいでパンパン!!』『やってもやっても、まだまだあるような気がする』という感覚になっているときは、「未完了」のものを沢山抱えている可能性があります。そのほとんどが、本当はやらなくてもいいものです。または、「そういう気がして…

『大きな存在』が相手として、やたらに見える時

自分の『上位互換』に誰かが見えてしまうことがあります。自分のしていることや、考えていることや活動などを規模や影響力や何らかの数字の大きさで見てしまう時。そんなときには、2つの視点から見ます。 ・自分の延長線上にある存在として見ている という…

これを意識すると、才能やセンスを見つけていくことができますよ。

こちらの記事、反響ありました。 blog.hori-yasu.com 私たちは、つい"頑張って手に入れたもの"に価値を感じがちです。 なにもしないで手に入ったものや、努力せずに叶ったことよりも 一生懸命頑張って、努力して、壁や山を乗り越えて 手に入ったものの方が素…

『自信』なんてどうやってもつかない。でも、『自分を誇る』ことはこうすればできる。

あるとき、『100%信じる』という表現を目にしました。 それを目にした時、違和感を感じたのです。 『信じる』という言葉が出ている時点で 『信じる』るという "行為" でやろうとしている時点で 何パーセントかすでに信じていないはず。 だから例えば『夢は1…

"憧れの存在" の正体とは、『未来のあなた』です。

私たちは、"憧れの存在" を追っている間はその対象に 追いつくことはありません。 なぜならば、憧れているという時点でつねに何パーセントかは 『 自分には、ない。 』 という思い込みがあるからです。 自分にはないという思い込み、無意識の前提がますます…

あなたの魅力が開くカギ ─ それは、"自分を好きになること"をやめること

「幸せになるために、いまの状況を変化させる」「在りたい自分になるために、目標設定をする」・・など、かつては僕も目標設定をして努力して達成してもまた次の目標をたてて...といったことを繰り返してきました。さらにはこの仕事を始めてからは、収入、夫…

『ネガティブな感情がネガティブな現象を引き寄せる』?? ノーノー!! 感情をそのようにジャッジしてしまうことが、ネガティブなんです。

『 ネガティブな感情がネガティブな現象を引き寄せる 』?? ノーノー!! 感情をそのようにジャッジしてしまうことがネガティブなんです。 もっというならば、その発想や『世界観』がネガティブなんです。 感情は、自分のなかの動きやエネルギーであって動…

反発心や反抗心こそ、独自の魅力、他にはない唯一オリジナリティの種でしょ。それを使わないでどうするの!?

ある方に、こう言っていただきました。 『 堀内さんの強みのひとつに 「どんな定説やお話も、否定することなく説得できる」 というのがあると思いました。 』 あーなるほど。 何かを表現したり。記事を書くときには何かへの否定やアンチテーゼをそれほど含ま…