シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

「つくる側って楽しいよ!」という西野亮廣さんがはじめた新しいエンタメ。

昨日、受付を開始した西野亮廣さんの講演会
1日で90名近くの申込みがありました。


まだまだ受け付けてますよー。


f:id:horiuchiyasutaka:20190214203647j:plain




角屋芙美子さんが西野さんの講演会を紹介されている記事。


ameblo.jp

 

 

 

傍観者でいることに飽きてしまっている人、

本当は多いんじゃないかな?

 

ラクに生きたいが本音ではなくて

本当は、楽しく、生きたいんじゃないかな?

 

 

今まではステージに立つ人は

「ごくわずかの、才能のある限られた人」だけだったかもしれない。

 

 

でももう本当は、

誰もがステージに立っていい。

 

自分の立つステージを

自分が創っていい。

 

自分にはできるのだと自覚していい。

 

自分の想いを表現して、

そのことで自分も誰かも幸せにできるし、

幸せにしていい。

 



そうそう。


西野さんを呼んでみたいと思った理由のひとつを
思い出しました。

それは、「誰もがステージに立てる」というのを
始めたひとりが西野さんだからなんですよね。



f:id:horiuchiyasutaka:20190213215927j:plain
新世界」より。



西野亮廣さんは、10代の頃「キングコング」というコンビを結成して
なんと、養成所に通っていた段階でNHKの漫才コンクールの大賞を
受賞します。


さらには、その1年後には「はねるのトびら」というテレビ番組の
レギュラーをもち、分刻みのスケジュールをこなし
ゴールデンタイムのレギュラーに昇格します。


お笑い芸人として、テレビタレントとして
『画面の向こう側』にいた人なのです。


そこは、日本中のエンターテイメントの才能が集まり
一流のクリエイターやプロがつくりこんだ
「番組」や「作品」を発表していきます。


当時の僕は、それを「観る側」「楽しむ側」だったのです。


僕はモニターのなかで話すなんてやるなんて発想もなかったし
それどころか、それらを「つくる側」にすら関わることもない。


「別世界」の話です。


バラエティやお笑い番組は、「笑わせてもらう」もの。

音楽番組は、「聴かせてもらう」もの。

ドラマは、「入り込ませてもらう」もの。



そう、当時ブラウン管の「向こう側」は
「〜もらうもの」だったのです。




西野亮廣さんは、それを大転換しました。


主催するオンラインサロンは「エンタメ研究所」です。


「一緒に研究しようぜ!」ということです。


つくられたエンタメを受動的に楽しむというところから、
「クリエイター」として関わっていく。


これまでテレビタレントとして「向こう側」にいる立場から
「こちら側」に居場所をシフトして共有するところにまで
エンタメの世界を拡大しました。


そして、オンラインサロン、ブログ、本などで
これまで「向こう側」にあったものをどんどん公開していきました。


絵本、イベント、音楽、広告、マーケティングなどなど……


これまで「制作側」にしか明かされて来なかった現場を
開放していったのです。


「つくる側、提供する側って楽しいよ!」


という新しいエンタメの形を成立させていったのです。


それでね、この講演会には「私なんて……」という人にこそ来て欲しい。


すっっっごいヒントになると思うから。



f:id:horiuchiyasutaka:20190215205519p:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190215205722p:plain

新世界」より。



西野さんはこれまで「エンタメ」という職人の世界で
長い歴史をかけて積み重ねてきたものを
「町にいるひとり」が人生で活かしていけるために
どうすればいいのか?それを追求しています。


ほら、「エンタメ」って
人生を楽しくさせるために存在しているじゃない?



もし、僕たちひとりひとりが「エンタメの発信者」に一歩
近づいていったら、世界はどうなっていくと思う?


めっちゃ楽しいものになっていきそうな気がしない?



だから、4月16日会場に来て、ぜひ直接話しを聞いて欲しいなー。



f:id:horiuchiyasutaka:20190214203647j:plain

受付開始!西野亮廣 講演会『新世界』

いよいよ「西野亮廣 講演会『新世界』」の受付を開始します!


下記のバナーをクリックしてねー!


f:id:horiuchiyasutaka:20190214203647j:plain

 

※もし、上のリンクで表示されないようでしたら、下記からお申し込みくださいませ。
チケット販売サイトが表示されます。

チケット予約・販売・購入サービス - イベント・公演情報

なぜいま、西野亮廣さんなのか?

キングコング西野亮廣さんの講演会、いよいよ明日、2月14日(木)に受付開始します。


f:id:horiuchiyasutaka:20190213204955j:plain




これから先、なんとなく「こんな時代」になっていくと
感じている方、多いと思います。


・ひとりひとりが「我慢」して国を支えるところから
 好きなことをやって生きていくようになる

・「正直な人」が報われるようになる

・影響力が強い個性から
 誠実な人に人が集まるようになる

・圧倒的なリーダーが引っ張る時代から
 小さな個人が時代を動かしていく

・メディアが大企業から
 ひとりひとりの発信に変化していく

・お金はひとにぎりが独占するところから
 いろいろな形で個人レベルで生み出されるようになる

・イメージで人を騙すやり方は通じなくなり
 個と個の繋がりからの信用の影響が高まるようになる

・大きな組織のコマにならなくても
 ひとりが立ち上げたプロジェクトで
 社会を動かしていくものが増えていく

・お金に左右される人がどんどん減っていき
 世の中をより良くしたいという純粋な
 想いに集まっていくようになる

・地域という垣根を超えて価値観が
 近い人が繋がって一緒になにかを
 生み出していくようになる

・有料でないと手に入らなかったものが
 どんどん手に入るようになる


じゃ、具体的にどうしたらいいのかな?


上であげたようなことを感じている方はとても多いと感じています。


「なんとなく、こうなる」


というのは、僕も思っていて、少しずつそれなりに
行動はしてきたという実感もあります。


とは言え、感覚で漠然と感じていることを
実際に形にしていくのはすっごい時間がかかる感覚。



西野さんに触れるとね、
その時間が何倍も短縮されるのです。



自分が掴みかけている「これから先の世界」を

「なるほど!こんな方法で実現できるんだ!」

って見せてくれるのです。


もっと言うね。


「そっか!新しい時代は、
 こうやって自分で開いていくんだ!」



ってハッキリわかるようになるのです。



西野さんの話を聞くと、
これまで「傍観者」だったことを「当事者」へ
シフトさせることができるのです。


講演会のテーマは「新世界」です。



西野さんの新刊のタイトルでもあります。

f:id:horiuchiyasutaka:20190213214545j:plain





僕は、この本で書かれていることからハッキリ自覚しました。


これまでは、国や、政府や、企業や、強烈な個性のリーダーが時代を動かしてきた。


つまりこれまで「新世界」とは「遠くの大きな誰かが」いつもつくってきたものだったのです。


でも、これからは違う。


僕たち、ひとりひとりが「新世界」を主体的に生み出していくことができる。


それは、インターネットという情報発信が
個人でもできるようになって
クラウドファンディングなど、
誰でもお金を集める仕組みもどんどん生まれて
いける時代になってきていることはもちろんある。


そして、それらはひとりひとりが
「当事者」となったときに

はじめて、活かせるようになる。



西野亮廣さんの話は、いまやあちこちで目にするし
言っていることも、すでに知っているという方も
たくさんいらっしゃると思います。



でも、改めて新鮮な目で見て、聴いて欲しい。




f:id:horiuchiyasutaka:20190213215825j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190213215841j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190213215858j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190213215927j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190213215949j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190213220010j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190213220217j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190213220227j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190213220238j:plain





西野さんの話は「活躍している人の武勇伝」というよりは、

「挑戦している人の “いま” 」をそのまま等身大に伝えてくれます。


過去にやってきたことでなく、「いま」なのね。


だから触れているうちに、
どんどん「他人事」でなく「当事者」として
受け取ることができるようになっていきます。


そして「そっか!誰かに期待して待つよりやっちゃったほうがいいんだ!」って
それがめちゃハラ落ちしていくことになるでしょう。



当日、4月16日(火)19:00、わずか2時間足らずで
意識がシフトする体験。


f:id:horiuchiyasutaka:20190213220811j:plain





受付は、明日2月14日(木)に開始するよ。


待っててね。