シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

メッセージで「ふざけるな」と感じたので、ぶっ飛ばすことにした。

こんなご質問いただいたよー。


f:id:horiuchiyasutaka:20190118074526j:plain


んーーと、「保証」かー。


うん。ないよ。


それでね、まず自分のことをもっともっと信頼してあげたらどうかな?


あなたは、このワークを受けようが受けまいが、天才性はすでに備わっている。


それどころか、すでに発揮してる。


本来はそうだし、それを自覚しているかいないかというだけ。


では、なぜそこに「保証」とか「確証」って
必要な感覚になってしまっているのでしょう?


ワークが効果あるかどうかなんてさ、めっちゃ些細なことで、
それがなかろうがあろうが、自分自身に備わっているものを
もっともっと信頼してもいいんじゃないのかな?


僕、10年ぐらいはセミナーやっていて、
ワークも何百を超えるものを開発していて実感していることがあります。


本質的には、ワークやツールでは、
人は変わらない。変えることができない。



……ということ。


ワークやツールという道具をきっかけにして、自分が自分を導くのね。

それだけの力が人間には備わってるのね。


ハッキリ言って、ダヴィンチなんてどうでもよいほどに、
感動するぐらいの力を、僕たちひとりひとりが持っているのね。



で、仮に、「天才性に目覚めるワーク」に取り組んで効果がなかったらどうするの?

そこで、ガッカリして自分のことを見捨ててしまうの?

そんなことないよね?


きっと、どこか自分のことに希望をもっているから、質問したんだよね?


きっと、自分にはなにか才能がある。魅力がある。


そう感じているから、わざわざメッセージしてきたんだよね?


「レオナルド・ダヴィンチ」なんて他人の話ではなく
本当はあなたの話をしたいんだよね?


このメッセージを読んだ時に、少しだけ「ふざけるなよ」って感じました。


それは、すっかり自分のことが見えなくなって、
わからなくなって、
潜在的にどれほどのものがあるのかを見失ってしまっているんだなってこと。


ねえ、人間にはすごいパワーがあるんだよ?


いったい、これまでの人生、なにを見てきたの?


あなたのことだよ。


あなたを、ちゃんと見てきたの?


「そのワーク、効果あるんでしょうか?」


って言ってる場合じゃないよ。


「ダヴィンチみたいになれるんでしょうか?」


って、何を眠いこと言ってるの?


この質問をしている時点で恥ずかしいということを自覚した方がいい。


自分を観察することをサボって、自分の可能性を自分で見ることに手を抜いてきたような人生を生きてきたって言ってるみたいなものだよ。


本気で自分を生きるって決めたら、
絶対に自分の素晴らしさを自覚するはず。



他の誰かのようになりたいだなんて、発想すら浮かんでこなくなる。


天才性がワークによって開くんじゃないんだよ。


これまで見てこなかった自分に気づいていくってことなんだよ。


他人の目を伺って、萎縮させていた自分を自由にさせていくってことなんだよ。


仮に「天才性」なんてなくっても、関係なく自分を世界に表現していくって肚をくくるってことなんだよ。


それで、ワークに効果がなかったら、

「あのワークに効果がないせいで、
 わたしはこれからも自分の才能を発揮できません。」

って触れ回る?


「保証」って何?



あなたの「天才性」はあなたが証明するんだよ。


いくら素晴らしいものをもっていてもね、
誰かになんとかしてもらおうとしているならば、
あなたはあなたを最大限に侮辱していることになる。


そして、僕は自分を侮辱しているような人とは1ミリも関わりたくありません。



そんなわけで、覚悟を決めたらLINE@に登録してください。

友だち追加

 

「ま、いっか!」というノリでやるとワークの効果がでやすいですよ。

「天才性に目覚めるワーク」ご感想やご質問がたくさん届いています。


そのなかでも一番多かったのがこれ!


f:id:horiuchiyasutaka:20190117161400j:plain

 

f:id:horiuchiyasutaka:20190117161439j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190117161533j:plain




初日の「ぽいぽいワーク」で値落ちしてしまったというもの。


それから、1日ズレてしまったとか。


後ほど、LINE@で配信していたワークもアップしていくので、後からでもできるようにしていきますね。


慌てて、「わーーーできてないーー!!!!」って落ち着かなくなると、プレッシャーを感じて、リラックスできなくなって、ワークも効果がでなくなってきます。


それよりも「ま、いっか!」が大切。


「ま、いっか!」って、期待が薄いのね。


いい感じで力が抜けている。


それから、つぎに多いご質問はこれ。


f:id:horiuchiyasutaka:20190117172228j:plain


f:id:horiuchiyasutaka:20190117171618j:plain





f:id:horiuchiyasutaka:20190117171531j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190117171507j:plain




「ワークを進めてたら不安な気持ちが出てきたー」というもの。


蓋が開いてきて、出てきてるんですね。


それから「ちゃんとワークができてるか不安」といったもの。


もーーー、出来てなくってもいいじゃんか!!!!


うん。それらもどんどんぽいぽいしちゃおう!!!



f:id:horiuchiyasutaka:20190117171845j:plain



そうそうこんな感じ!上手上手ー!


気楽にやってると、いろいろ受け取りやすくなりますよー。


深読みしすぎる方とか、くよくよする癖がある方も、そんな自分をぽいぽいだ!!



f:id:horiuchiyasutaka:20190117172320j:plain



ほらーー考え過ぎ!!!!!



そんな自分もぽいぽいだ!!!!


f:id:horiuchiyasutaka:20190117172427j:plain



そしたら、こんな感じで受け取れますよー。


f:id:horiuchiyasutaka:20190117172036j:plain

 

f:id:horiuchiyasutaka:20190117172255j:plain

 

f:id:horiuchiyasutaka:20190117172455j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190117172512j:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20190117172535j:plain





実は、僕も「天才性に目覚めるなんて大それたテーマで何千人にやるなんてどうなるんだーー!!!!!」と、直前になって不安がどんどん大きくなってきてねー。


それで、どんどん解消していったら……。


なんだか楽しい!


もともと、ノリと思いつきでやり始めたワークだからねー。


だから、「ま、いっか!」って感じでやっちゃおう!

「天才性」についての最初の前提。「理解して欲しい」「わかって欲しい」を手放していく!

昨日、「天才性に目覚めるワーク」についてFacebookでライブ配信しました。






その中で「天才性」について改めてお話しました。


まず、「天才性」がどんどん発揮されていくために必要なこと。


それは、「理解して欲しい」「わかって欲しい」を
手放していくってことなのです。



「天才性」っていうのは、独自だったり他にないもの……

量産したり、一般化できないのですね。



ってことは、それを評価する基準や指標がない可能性の方が大きいってことなのです。


ということは、他人には捉えることができない。



そして、最初の他人は、多くの場合両親です。



 

blog.hori-yasu.com

 


子どもの頃にこんな気持ちをもってしまったことってあるかもしれません。

・お母さんにわかってほしい。

・お父さんに認めて欲しい。

などなど……。


それで、上の記事にも書いたのだけど
両親にそれを期待しない方がいいのです。


でも、セッションやセミナーをやっていると
子どもの頃に寂しい思いをしてしまったことを
引きずっている人はかなりいます。



でも、仕方ないんだよね。



僕たちの方が、前の世代よりつねに進化しているから。

両親からは、理解したくても、できない可能性の方が高いのです。



「理解して欲しい」「わかって欲しい」って抱えてしまうと、ずっとずっと引きずってしまうのです。


そうなると、心のどこかでいつも「誰かにみとめて欲しい」ってもってしまう。



相手に「みとめて欲しい」って感じている時ってね
その人の枠組みに合わせてしまうのです。

社会に「みとめて欲しい」って感じている時ってね
社会の枠組みに合わせてしまうのです。


こんな風になると、どんどん「平均値」になってしまいます。



相手が理解できるように、捉えることができるように
無意識のうちに、相手に合わせて自分のモードをつくってしまう。


必ず本来の自分より小さくなってしまう。


まず、本来の自分でいること。


だから……


・「天才性を発揮して、認められたい!!」

・「すごい!って言われたい!」

・「社会で活躍したい!!」


……なーーーんて、他人の目をばりっばりに意識してたら天才性は発揮できなくなるのです。


そんな動機でこのワークにとりくんだら、効果がうっっっすーーーーーくなるんだから!


まずは、「理解して欲しい」「わかって欲しい」を手放していくんだよー。

ぽいぽいしてくんだよー。


OK?