読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

好き嫌いに理由を求める必要なんてない。考えるより前に表現することで、その表現が理由を教えてくれるのです。

先ほどの、「ストックしない」という記事
さらに「感じたら、すぐに表現する。」ということも
大切にしています。


 

blog.hori-yasu.com

 




嫌だと感じたら、すぐに嫌だと言う。
好きだと感じたら、すぐに好きだと伝える。


「理由」とか、「意図」なんて必要ありません。


「どこが嫌」とか
「どこが好き」って先に感覚で来るものです。


そこにある理屈付けは、後から頭でつくりだすもの。



もし、好き嫌いにいちいち理由や説明をつけるようなことを
繰り返してしまうのであれば、どんどん分からなくなっていきます。


純粋で素朴な、最初の感覚が見えなくなってしまう。



「とにかく、嫌なの!」
「とにかく、好きなの!」



それを純粋に出した時の説得力、迫力ってすごくって
普段から鮮度高い状態で表現しつづけていればいるほど
表現されるときに込められるエネルギーも純度が高いのです。



それにね、感覚がどれだけ嫌か、好きかを教えてくれるんです。



「嫌!!」って表現した瞬間の強さ
「好き!!」って表現した瞬間の強さ

その強さによって、どれだけ嫌なのか、好きなのか
はじめて実感できるんです。



嫌と好きの感覚に素直に行動したら
その行動によって、自分がどれだけ嫌なのか好きなのか
分かるんです。


だから、好き嫌いに理由を求める必要なんてない。
むしろ、求めちゃいけない。



考えるより前に表現することで、その表現が理由を教えてくれるのです。





■直近のイベント・セミナー情報■


【 LDM、インスピレーション力の全貌を棚卸しするセミナー


■5月3日(火・祝)インスピレーション力
    ー インスピレーションの正体とは?どうやれば扱えるのか? ー

■5月4日(水・祝)性と生命
    ー 性とは?生命とは?宇宙とは? ー


詳細は、こちらから>>




【 堀内恭隆さん・荻久保則男監督ジョイント講演会 】
〜あなた自身のかみさまとのやくそくを思い出す〜
&『かみさまとのやくそく』上映会



■開催日時
2016年5月5日(木・祝)13:00~18:00

■イベント内容
第一部:ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく」上映
第二部:堀内恭隆さん+荻久保則男ジョイント講演会
「~あなた自身のかみさまとのやくそくを思い出す~」

f:id:horiuchiyasutaka:20160419212417p:plain f:id:horiuchiyasutaka:20160419212402p:plain


詳細は、こちらから >>