読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

君の名は。─ 説明のつかない感覚、むしろ説明をつけないでただその“なにか”を大切にしたい。

ここ最近、降りてくるインスピレーションの量がとても多くて
まとめようとする自分の思考が追いつかない状態です。


これは、少し落ち着いてまとまっていくのを待ってみましょう。


以前は、こんな風にどんどん降りてくるとき、湧いてくるときには
なんとかその自分に追いつこう、少しでも拾っておこう
手を伸ばしておこうとどこか必死でした。


いま来ているものを逃してしまったらもったいない。


何か、大切なものを逃してしまうような気がする。


いま、僕の枠が大きく成長しているのは感覚で感じています。


だから、それまでの自分と比べたら大きな何かに繋がったり
受け取ったりしているのでしょう。


それは、これまでの自分にとって見れば大きくて
捕まえて置かないと何かとてももったいないことをしているような
気がする。


そんな感覚になるのでしょう。


それから、今日この映画を観に行きました。

実は、4回目。

f:id:horiuchiyasutaka:20161028220146j:plain




サントラも、小説も、アナザーサイドの小説も購入するぐらいで
さらにまた観に行こうかな・・と思っている映画です。


だから、かなり感じるものはあります。


が、それはあまり書きたくないな・・とも思っていてブログでは
触れていませんでした。



自分のなかの奥の奥の奥にある何かが揺さぶられて
その “ 揺さぶり ” の正体を確かめに何度も観に行っています。


そして、その “ 揺さぶり ” が何なのか、どこが刺激されているのか
何を表しているのか、よく分からない。

でも、それはとても大切で本当は見失ってはいけない何かに
繋がっているような気がする。

そしてそれが落ち着かないから、それを説明できる
言葉を探したくなるので記事にはしていません。


言葉にした瞬間、自分への解説や説明はきっとできる。


でもその解説や説明は、僕の中で “ 揺れ動いたなにか ” では
なくて、せっかく掴みかけている感覚を
薄めてしまうような気がするのです。


リピートしている方が多いとのことなのですが
同じように説明できない、その “ なにか ” が落ち着かなくて
でも確認したくて、何度も行っているのだと思います。


忘れたくないなにか
忘れたくなかったなにか
忘れちゃダメななにか


・・・そして、それすらも忘れた “ なにか ” をいつも
どこかで探している。


そして、何となくですが
この映画を通して、思い出すような感覚になる
自分の奥の奥にある “ なにか ” が
これからの自分の中心テーマになる予感があります。


説明のつかない感覚、いやむしろ、それに何もつけないで
しっかりとラストで感じた “ それ ” を大切にしたいです。





↓ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中

 

■月1000円でセミナー受講できるシンクロ倶楽部、スタートしました!

シンクロ倶楽部

 

■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 沖縄かみさまとのやくそくプロジェクト 】


f:id:horiuchiyasutaka:20160901210225j:plain

半年をかけて、豪華ゲストが繋いでいきます!

詳細は、こちらから>>