読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

「やりたい」かつ「出来ること」が、『出来ること』です。

一緒に仕事をするメンバーが、これでもか!というぐらいに
会う人会う人優秀な方ばかりです。


元々、そうではありました。
大きく変わったことは
以前はずいぶんと気を使っていたということです。


『 こんな発注をしたら、大変だろうな・・ 』

『 こんなことを頼んだら、苦労して嫌になるだろうな・・ 』

『 フォローした方がいいかな? 』

『 抱えすぎてないかな?手伝ってあげようかな? 』


これは、自分を基準に考えていたからです。


・“ 仕事だから ”、嫌なことでもやらないと。
・“ お金をもらっているから ”、不満があってもガマンしないと。
・“ お客さんに言われたから ”、無理してでもやらないと。


と、“ 〇〇だから ” と、やりたくないことや出来ないことを
自分に我慢させて引き受けてやっていたから。


自分がそうだから、他の人にも我慢させているって
無意識のうちに感じていたのです。



それから、弱みを見せられなかったから。


『自分は、これだけできる。』って
能力以上のことを見せようとしたり
得意でないものまで引き受けてきたから。



だから、不満があろうが、ストレスを抱えようが
自分の手に負えないことであろうが
どんどんどんどん引き受けていって
自分がパンクをして、悲鳴を上げても無視をして。


自分にとっての好き嫌いも分からないし
何が得意で不得意なのかも分からない。

突き詰めると、自分を分からない
自分を見えない状態に落とし込んでいたのです。


だから、他の人のことも見えない。


さらに、自分が不満を抱えてもそれを表現していないから
他の人も表現していないだろうと思い込む。

だから余計な気を使う。



その人の得意不得意も見えないし
何をお願いすればいいのかも分からない。

仕事をどうお願いすればいいかも分からない。


お願いしても、その後で余計な気をまわしてしまう。



f:id:horiuchiyasutaka:20160912233919j:plain





それを切り替えることができたのは、自分に降参をしたからです。


もう、何もできない。
自分の足で立つことすらできない。


blog.hori-yasu.com




そうしたら、出来ることしかできなくなりました。


自分が出来ることしかできなくなったら
自分のことが見えるようになりました。


そうしたら、他の人も見えるようになりました。
他の人が出来ることも見えるようになりました。


そうなったら、自分のいる世界が
とんでもなく『出来る』人たちに囲まれているということに
なりました。



自分が、『出来ない』をしっかりと認めた時
周りにある『出来る』と『出来る』が見えるようになりました。


周りにある『出来る』と『出来る』が見えるようになったら
今度は、それが勝手に組み合わさっていくようになりました。


自分が『なんでも出来る』になりたい間は
『周りの出来る』を奪っていることになります。



そして、この『周りの出来る』とは、『自分よりも出来る』です。


『自分よりも出来る』人に気を使う必要はないし
むしろ、それは失礼。


自分を基準に考えていると口を出したくなるし
手を出したくなります。

でも、『自分よりも出来る人』に対しての
自分の基準なんて、そもそも何のあてにもならないものです。


だから、報告を待っているだけでいい。



それが分かってからは
相手にお願いしたら、後は何も気にならなくなってきました。
ある時から、関心すら持たなくなりました。


そうしたら、周りの仕事にどんどん感動するようになりました。
『マジすっげえな!!!』って。



多分、最初からそうなんです。


自分が勝手に抱えて、勝手に大騒ぎしていただけ。

それらをどんどんやめていって
『出来ること』だけ淡々とやっていたら廻っていく。


この『出来ること』とは、能力としてできることではありません。


やりたくないけど出来ること、出来てしまうこと。
それは『本当は、出来ないこと』だからです。

「やりたい」かつ「出来ること」が、『出来ること』です。


自分に無理をさせなくて出来ること。
自分に余計な何かを加えなくても出来ること。
自分を我慢させなくて出来ること。


自分を実態よりも膨らませることもなく
小さくさせることもなく、ただ普通にできること。


それをできるようになってから
ちゃんとお願いできるようになりました。


『自分にはできない。だから、お願いね』って。


シンプルに、お願いする。
後は、待っているだけ。


そうしたら、どれも自分以上のアウトプットで還ってきます。
自分でやるのではなく、お願いする。


「自分に出来ない」が増えれば増えるほど
『お願い』が増える。


『お願い』が増えれば増えるほど、還ってくるものは
自分が生み出す以上のものになる。


それを繰り返していると
自分を中心とした世界から生み出されているものの合計は
自分をはるかに多く超えたものになっています。


当然、自分には『 絶対に出来ないもの 』です。


先日から、予告を何度もしている『LDM説明会』では
そんな場所から生み出されているもの
生み出されつつあるものを一気に発表します。


大阪、名古屋、東京を中心に動いているメンバーが
どんな風に発表しようかと打ち合わせを楽しんでいます。


説明会の受付フォームは準備中。
募集開始は、近々行います。


お楽しみに!!




↓ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!
クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中


■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!
堀内恭隆公式LINE@


■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!
LDM公式メールマガジン




↓ 9月10月、東京、名古屋、大阪でLDM説明会をやります!

blog.hori-yasu.com

 


↓沖縄で『かみさまとのやくそく』のイベントをやります!

blog.hori-yasu.com