読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

「シンクロニシティ」と「タロット」の関係性、再び。

先日の、かげした真由子さんにつづいて、再び
シンクロニシティとタロットの関係性について解説して
くださった方が現れましたよ!!


それは、松本典子さん


f:id:horiuchiyasutaka:20170430231049p:plain




典子さんとは、出会いからシンクロニシティでして
瑠美さんと宝塚を鑑賞しにいったときに
一緒にいらっしゃいました。


「あれ???どこかで見たことがある???」


・・と思っていたら、共通の知り合いがたくさん!



そして、タロットの専門家でもありまして
その視点からの面白い解説です。


ameblo.jp



あたくしのできる範囲で、
調査してみたことろ、、、


①シンクロシティ(共時性)を起こしている説
②イメジャライズ、リビジョンするための道具として使う説

③カードを使ってアカシックレコードにアクセスしている説

があることにたどり着きました。


タロットはそもそも、
15Cのイタリアで、貴族の「ブロマイド」として作られました。
その後、トランプと同じ様に「ゲーム」のために使われていました。

それが、なぜ「あたる!」と言われるようなものになりえたか?

①シンクロシティを起こしている 説

潜在意識が開くと、偶然の一致がおこる。

全く別々に起こったように見える出来事も、
当事者にとっては大きな意味でつながっているように思える
ことって日常であります。

わたしは、
なんとなくはいったドラックストアで、
「ああ、なんだかティッシュが気になる」
となんとなく買って帰ったら、
家のティッシュがちょうど空になっていたことが、
よくあります。

「虫のしらせ」ですかね。
 

わかりやすい「因果関係」は見えずらいですが、
そんなことってありますよね。

タロットは、
「意図的に偶然を作り出す」ことで、
共時性をつくりだし、
だから「潜在意識からのメッセージ」と言われることがあるのだと
思われます。
 

人は本来、
どんなものからでも気づきをえることはできます。

ドラマなのでも病室から、
葉っぱが落ちるのをみて死期を察知するシーンが
当り前のように表現されますよね?

紅茶の葉っぱなどが占いに使われるには、
ここら辺が根拠になります。

ここで、
タロットカードは、その絵柄の中に
多次元的な世界観が含まれており、
擬人像の中に観念が含まれています。

だから、人が人生の中でたどる道筋に
リンクする可能性が高く、
「人が人生の布石をたどるため」
のツールとして使用できるポテンシャルがあったのだと思われます。

 


典子さんの解説を読んで、なるほど・・と感じた点は
タロットカードは、宇宙の法則や、集合意識のもつイメージなどを
織り込んでいるもので、そのため
シンクロニシティと調和しやすいのでは?ということです。


多分、タロットカードを使わずとも
メッセージを読み取ることは可能。


が、分かりやすく記号化、シンボル化してくれているため
読み取りやすくなる。


宇宙法則や自然法則をゼロから学ぶのはあまりにも膨大だし
研究するだけでも一生かけても掴みきれない。

それを、先人が理解しやすいように
カードというツールにしてくれたことで
我々にも読み取ることができるようになる。


そういったことなのかな?と僕は解釈しました。


いやーー面白い!!



こちらも合わせてご覧くださいませ。 

blog.hori-yasu.com

 


『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』の「サキ読み」
公開1週間で800を超えるダウンロード数、歴代6位になっています。


冒頭71ページを無料で読めますので下記をクリックして
ご覧くださいませ!

f:id:horiuchiyasutaka:20170419173711j:plain



★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」の解説動画、公開しました!




★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」
 公式Facebookページ立ち上げました!
 「いいね!」で最新情報が届きます。





↓ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中

 

■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 月額1000円でセミナー受け放題!シンクロ倶楽部 】


f:id:horiuchiyasutaka:20161114211427p:plain




5月13日(土) ミッションを生きるって?



ミッションについては、誤解している方が多い。
世の中のためとか、貢献とか、崇高とか、エゴはダメとか、美しいとか、全く関係ありません!
余計な重りや意味をつけようとしたりややこしくするから見えなくなるのです。
ミッションは、もっと日常で手元にあるもの。
むしろ、これまでずっと自然とやってきた中に眠っているものです。
そのあたりを解明していきますね。

詳細は、こちらから>>


どんな方でも「シンクロニシティ」に気付けるようになります。

LDMセミナーの受講生さんやファシリテーターさん達を見ていると

「インスピレーションやシンクロニシティってすごい!!」

となることがよくあります。


皆さん、上手に乗りこなして当たり前のように使いこなしている。


帖佐英子さんもそのおひとり。

f:id:horiuchiyasutaka:20170430220403j:plain



 

英子さんのシンクロニシティに関するエピソードは
あまりにも多すぎて、もはや列挙不可能なレベル。


・独立したい!となったら、あれよあれよという間に
 お膳立てが整い・・・

・サロンが欲しい!となったら、部屋、内装、設備、状況に
 至るまで、とんとん拍子で話が進み・・・

・ふと気になって話しかけた男性が、普通は手に入らない超高級糸を
 扱っている人で、さをり織りの仕事で使う糸を
 格安で使えることになり・・・
 
・とにかく、状況がどんどん揃っていって上手く運ばれていく



「シンクロニシティって怪しい・・」という方は
一度英子さんに会いに行って、半日ほど一緒に過ごせばいいですよ。


「本当だ!!!」「そういうことだったのか!!!」


と、あっという間に肚落ちすることになると思います。


そんな英子さんが『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』の
「サキ読み」をご紹介くださいました。


これが、体験に基づくだけに説得力ありすぎる。


ameblo.jp



それまでのわたしは、
『引き寄せの法則』的本を読んで、
「そうか〜、なるほど!」
「よし、やってみよう!」と思いつつも、
同時に、
「この人は特別だからでしょ。
わたしにはムリ…」
と思ってました サバトラ げんなり
 
だって、
わたしは、大きなお金が動くようなお仕事をしているわけでもなく、
目に見える成功が起きるような立場でもなく。
 
そういう本は、別世界の人たちのお話で、
自分に置き換えることができなかったんです。
 
でも、今、
「シンクロ?日常茶飯事ですわ〜」って、
自分の体験談をいくらでも、何時間でも話せるほどに、
当たり前のことになっています。
そもそも、堀内さんとの出逢いもシンクロだ!
それは、
シンクロは、ちっとも特別なことじゃないって気づいたから。
 
 
この本の中には、
インスピレーションやシンクロの具体的事例がたくさん出てきます。
 わたしのお話もあった キャー
 
読んでいて、
「ん?こんな経験、わたしもしてる!」
「あれ?じゃ、わたしのあれも、もしかしてシンクロだった?」
気づくようなお話です。
 
すると、もう、
そこに書かれていることは
他人事ではなくなってきます。
 
「それって、わたしのこと言ってる??? ええ!! 」
と思ってしまうほど、
気づかないフリしてたことや、
言語化できずにモヤっとしてたことが、
実に爽快に解き明かされていきます。
 
それまで自分のなかで勝手に切り離していたものが、
ピタッと繋がって、腑に落ちる!
 
この本は、そんなパワーを秘めているのです キャー
 
 
さて、これだけオススメしていうのですから、
当然サキヨミしたワタクシ。
 
何度も何度も、
なんなら堀内さんの声が聞こえてくるくらい、読み返しています イシシ
 
そして、
読めば読むほど、
グワ〜ッと、
自分の中の何かが大きくなって、
全身の毛穴からものすごいエネルギーを発しちゃう、そんな感じ キャー
 
きっと、さらにシンクロが加速しているんだと思います 音符 



そうそう!シンクロニシティは特別でも何でもなく
日常に当たり前のように落ちているのです。


シンクロニシティを「奇跡」と置き換えるならば・・

「奇跡」のような出来事は別世界でも何でもなく
あまりにも普通すぎて見逃しているのです。



これは理屈でなく、気づくこと。


シンクロニシティを増やそうとしなくてもすでに
いつでも起きている “それ” を拾えばいい。


だから、どんな方でも本当は心当たりがあるはずだし

「あ!あれがそうだったのか!!」

と、気づくきっかけさえあればいい。



夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」でも
そこは、具体的な事例を豊富に交えて
何度も伝えることにしましたし「サキ読み」だけでも
どんどんシンクロニシティに気付けるようになります。


英子さんの言葉を借りるなら・・


このサキヨミを読んだだけで、
シンクロニシティが起きた!って感想もたくさんあったんですって。
 
そりゃそうでしょう。
 
だって、
シンクロは日常で普通に起きている出来事ってことを
ガッツリ気づかせてくれる本
ですもの ルン




・・・ということなのですよ!!!


発売日まで待つのはもったいないですよ。


サキ読みだけでも十分、十二分に効果があるんですから!!


というわけで、まだ読んでいない
そこのあなたっ!!!!


無料ですし、悩む理由なんてないですよ!!



f:id:horiuchiyasutaka:20170419173711j:plain



★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」の解説動画、公開しました!




★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」
 公式Facebookページ立ち上げました!
 「いいね!」で最新情報が届きます。





↓ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中

 

■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 月額1000円でセミナー受け放題!シンクロ倶楽部 】


f:id:horiuchiyasutaka:20161114211427p:plain




5月13日(土) ミッションを生きるって?



ミッションについては、誤解している方が多い。
世の中のためとか、貢献とか、崇高とか、エゴはダメとか、美しいとか、全く関係ありません!
余計な重りや意味をつけようとしたりややこしくするから見えなくなるのです。
ミッションは、もっと日常で手元にあるもの。
むしろ、これまでずっと自然とやってきた中に眠っているものです。
そのあたりを解明していきますね。

詳細は、こちらから>>


自分の人生を再び取り戻すために。━「学習された無力感」から自分の意思で生きる。チャレンジする感覚を取り戻す。

成功している人は、なぜ神社にいくのか?」の著者、
リュウ博士が本や誰かを紹介するときの解説が好きです。


淡々とした文体ながら鋭い分析とユーモア
全体を通して感じる暖かな雰囲気にお人柄を感じます。


そして、そのリュウ博士のブログで
拙書「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」の
「サキ読み」を取り上げていただきました。



f:id:horiuchiyasutaka:20170429164037j:plain




ameblo.jp



これは、失ったかもしれない人生を取り戻す本だと思いました。

「学習された無力感」という概念があります。

あまりにも上手くいかないと、人間は「自分は無力だ」と学習する生き物です。無力感とは、具体的に2つの感覚を失います。

ひとつ。自分の意思で物事を始める感覚。

ふたつ。物事が成功するか否かは自分次第だという感覚。

この2つの感覚がとぼしくなることを、無力感といいます。逆にいえば、この2つの感覚がしっかりしている人は、モチベーション高く人生を生きている状態です。

それでも、そこから復活する手立ても人間は持っているのですね。

それがインスピレーションとシンクロニシティ。堀内さんの本にはそれが事細かく解説してありました。

最近ブログ界隈で「ふと」という言葉をよく見かけますが、流行っているのでしょうか。まさにこれです。

「ふと」「何か気になって」「同じ情報を何度もみて」

その時々でひらめいたこと、やろうと思ったことをシンプルに実行する。

シンクロニシティ・マネジメントというと何だか小難しそうですが、ようするにこんな簡単なことの連続でした。

「先の可能性を信じろ!」「あなたの夢は?」なんて言っても、無力さを学んだ人に届くことはありません。

でも。

いまふと気にした事をやってみる。で、楽しい。気持ちいいと感じる。

こんな事なら、やってみようかなと思える人も多いのではないでしょうか。

忠実に半年も実行すれば、もはや無力感は消え、人生の舵を再び取り戻すことになるでしょう。

自分の意思で物事を「始める感覚」。物事が成功するか否かは自分次第だという「チャレンジする感覚」。この2つを取り戻せるはずです。

 


これを読んで、嬉しかったことがあります。


かつての僕が、まさに「学習された無力感」というなかで
生きてきました。


・なにをやってもどうせ、無駄だ。
・自分なんて、大したことはない。
・無能な自分だから、生きていても仕方ない。
・でも、死ぬことも怖いしめんどくさい。


そして、いま振り返ると問題なのは、
それを自覚していないということです。


自分のことを感じたり、向き合うことすら放棄してしまうんですね。


身体的には健康だし、両親含めて家庭環境には恵まれているし
非行や大病、大事故、大事件などに遭うわけでもない。


ただ、このそこそこ恵まれているという状況が
僕の場合、振り返ると、無気力に繋がっていたのです。


だらだらと毎日を過ごしていても生きていけるのです。
前向きに何かをしなくても、生産的にならなくても生存できる。


そして、そんな風にただぼんやり日々を生きている
自分をどこかで責めながらも、積極的になにかに取り組むこともない。


そして、さらに「自分なんてダメ人間だ・・・」と
自尊心を失っていくのです。


サキ読み」で紹介していますが、そこから立ち直る
最初のきっかけになったのは「7つの習慣」という本です。


そこから、自己啓発やコーチングと出会い
反動でがむしゃらに生きるようになったのですが
極端にやり過ぎることになります。


今度はそこから燃え尽き症候群に近い状態になりました。


この辺りのエピソードも「サキ読み」で紹介しています。


最後に行き着いたのは、インスピレーションとシンクロニシティです。


いま感じている「ふと」を信じて、まず動いてみる。

それは、気になったお店にいくとか、本を手にとることでもいい。

小さなことでもいいので、今日からでも取り組めます。


これが大きいのが人生の主導権を自分に取り戻すことが
できること。


そうしているうちに、この「ふと」は
人生を大きく変えるほどの「ふと」もおりてくることに気づくでしょう。


誰かと会いたい、あのプロジェクトに何かの形で関わりたい
あの場所にいってみたい、あれをしてみたい
この人に声をかけたい、この習慣をやめたい
この場所を離れたいなどなど・・・


そのときそのとき湧いてくる小さな「ふと」に
従い動いていくことは、自分の中に眠る力に
気づくきっかけになります。


その小さな自分の「ふと」を大切にすることで
自分の感覚を信じることに繋がっていきます。


そうすると、まさにリュウ博士の仰っている


忠実に半年も実行すれば、もはや無力感は消え、人生の舵を再び取り戻すことになるでしょう。

自分の意思で物事を「始める感覚」。物事が成功するか否かは自分次第だという「チャレンジする感覚」。この2つを取り戻せるはずです。

 

この状況に近づいていきます。


だから「学習された無力感」というのは僕がこの活動をする原点で
そんな人が、ひとりでも人生に主導権と
チャレンジする感覚を取り戻してくれればという想いに繋がっているのです。


そして、それをサラっと思い出すようなきっかけとなる
記事を書かれるリュウ博士はさすがだなあ、と改めて惚れ直しました。


それと、この紹介記事の後半の本田宗一郎さんの
エピソードがまた面白くって!!!!


ぜひ、お読みくださいませ。


ameblo.jp





外側で起きているシンクロニシティ。
内側で起きているインスピレーション。


これらを主に個人の視点で活かすということを
まとめたものが「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」
なのですが、

それを法人に例えると、という切り口で解説されています。


これに関しては「なるほど!!!」と納得。


これは大学で社会心理学を教えている
先生ならではの視点ですねー。


「成功している人は、なぜ神社にいくのか?」でも
松下幸之助さんや、トヨタのエピソードなど
独特の面白い角度で紹介されてます。


もうすぐ30万部に到達。すごいですねー。


版元、編集者さんが同じということで親近感がありますが
それを抜きにして、オススメできる本です。


まだお読みでない方は、ぜひ購入してくださいねー。

www.sunmark.co.jp


※サンマーク出版の公式紹介ページが開きます。



公開1週間で800人が殺到、現在歴代6位のダウンロード数
『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』の「サキ読み」も
よろしくお願いします!


冒頭71ページを無料で読めますよー。

f:id:horiuchiyasutaka:20170419173711j:plain



★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」の解説動画、公開しました!




★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」
 公式Facebookページ立ち上げました!
 「いいね!」で最新情報が届きます。





↓ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中

 

■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 月額1000円でセミナー受け放題!シンクロ倶楽部 】


f:id:horiuchiyasutaka:20161114211427p:plain




5月13日(土) ミッションを生きるって?



ミッションについては、誤解している方が多い。
世の中のためとか、貢献とか、崇高とか、エゴはダメとか、美しいとか、全く関係ありません!
余計な重りや意味をつけようとしたりややこしくするから見えなくなるのです。
ミッションは、もっと日常で手元にあるもの。
むしろ、これまでずっと自然とやってきた中に眠っているものです。
そのあたりを解明していきますね。

詳細は、こちらから>>