読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

私たちは、生き物で、メスで、オスで、動物です。

性は全ての中心です。



それは、セックスから生まれてこなかった人はいないから。


女性器と男性器の交わりによって生まれて
来なかった人はいないから。


そして、それらは “ 愛の交わり ” です。



性を否定するということは
自分の生命が誕生したルーツを否定するということ。


性に蓋をするということは
自分という存在の根っこへ蓋をしてしまうということ。


自分が “ 愛から生まれた ” ということを
見ないことにしてしまうことです。




風俗やアダルトビデオなど “ 性 ” にまつわる仕事を
人間を人間たらしめている “ 性 ” の産業を
卑しいと感じるとしたら、その感覚が卑しいのです。


裸を晒すことが、イヤらしく、みっともなく
“ 卑猥 ” だという扱いをしているとしたら
何かを見ないようにしています。


性器をモザイクで隠すようなことを
してしまうのって、誰から何を隠しているのでしょう?


性欲は不純で、開けっぴろげにすると
みっともないと感じているとしたら
その感覚が、不純でみっともなくて、不潔そのものだ。


何かに対して罪悪感や後ろめたさを感じることが
あるとしたら、セックスを貶めてしまっているからだ。



セックスに蓋をして、性に蓋をして
なかったかのように扱うということは


自分の存在をなかったかのように
扱うということです。




「 自分のことが分からない。 」
「 本当の自分を見つけたい。 」
「 生きる気力が沸かない。 」



私たちは、生命体で、人間で、生き物で
メスで、オスで、動物です。

どれだけ文化や文明が発展しようが
そこを外してしまって
何をできるというのでしょう?




「 愛されたい。 」
「 愛が欲しい。 」
「 いつもどこかで何かが欠けているような気がする。 」



愛が欲しいなら、自分の身体を見ろよ。

恥ずかしいからと隠してしまうそこに
しっかりと目を向けろよ。


肉体の交わりから、結合して
そこから誕生して生きている
事実に心を開けよ。

自分が愛から生まれている証拠は

目の前にあるんだよ。



「 やりたいことが分からない。 」
「 欲しいものが見つからない。 」


狂おしいほど求めるような本能を眠らせて
分かるはずもない。

探し求めても見つかるはずもない。




だから、探し求めている “ それ ” は
全部セックスの中に、性のなかに、生のなかに
ある可能性がある。



“ 自分を見失う ” っていうのは
セックスを見失うってことで

性を見失うってことで
生き物で、メスで、オスで
動物だということを見失っているってことだ。




 

f:id:horiuchiyasutaka:20170207151728j:plain







↓ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中

 

■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 月額1000円でセミナー受け放題!シンクロ倶楽部 】


f:id:horiuchiyasutaka:20161114211427p:plain



2月18日(土) 女性性・男性性のしくみっ!!


 1年ぶり近くのひっさびさにこの分野を大放出しますっ!!!宇宙全部の仕組みを語れるぐらいに深淵で根源的なテーマ。
これだけで何回でもセミナーできるぐらいです。今のところはこれ以外に他で話す予定はないので 出し切っちゃいます!



3月20日(祝) 潜在意識はこう動くっ!!


『潜在意識』というとなんだか漠然としているかも知れません。普段無自覚の意識ですが、自分とそれ以外の境界線をなくしていくことで、全体にアクセスできるようになっていきます。
分離をなくせばなくすほど、本来もっている意識全体へとアクセスできるようになるっ!自由に楽になっていく感覚をゲットできますよ!



4月8日(土) チャクラを日常に落とし込むっ!!



ここでは『日常への落とし込み』を行うポイントを学ぶことができます。
チャクラを整えるとか、浄化するではありません。
『そもそも、なんで整える必要があるの?』という日常生活での『原因』を取り除いていけるようにしていきます。
本来、チャクラは自然であれば整っているものなのです。
調子悪くさせている根っこを断つ!!というアプローチを学べます!

詳細は、こちらから>>