読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

【図解】『内側』と『外側』の流れをインスピレーションで繋ぐと生命循環となる

インスピレーション力 図解シリーズ

【図解】インスピレーション力に関してこんなご質問がありました。


『 この図解だと、内側 → 外側の流れが解説してあります。
 その逆の、外側 → 内側の流れってあるのでしょうか? 』

ありますよー。



※ もし、記事をまだ読んでない場合には

 読んでおくと理解が進みますので、下記からご覧下さいませ。

blog.hori-yasu.com





まず、内側から外側の流れをおさらいしますね。
『 インスピレーション 』『 現象 』に具現化するまでの
流れは次の通りです。



インサイド          アウトサイド

インスピレーション▶︎ 思考▶︎ 行動▶︎ 現象




f:id:horiuchiyasutaka:20161118160224p:plain




これは『 インサイド ▶︎ アウトサイド 』の流れ。



その流れとは逆の『 アウトサイド ▶︎ インサイド 』の流れも存在します。


アウトサイド            インサイド

刺激▶︎ 感覚▶︎ 問いかけ▶︎ いのち、愛そのもの

 

f:id:horiuchiyasutaka:20161118233008p:plain

 





つまり、インサイドの『 いのち、愛そのもの 』
アウトサイドの『 現象 』は一方通行ではなく
循環しているのです。




ひとつの流れに繋げると、このようになります。


インサイド            アウトサイド

インスピレーション▶︎ 思考▶︎ 行動▶︎ 現象
                      ▼

いのち、愛そのもの ◀︎問いかけ ◀︎感覚 ◀︎刺激




こうして『 いのち、愛そのもの 』から流れるように
生み出されたインスピレーションは
『 現象 』からの体験となって、ふたたび
『 いのち、愛そのもの 』へと還っていくのです。



f:id:horiuchiyasutaka:20161127120654p:plain



まず、永遠なる意識である『 いのち、愛そのもの 』
それよりは個で制限のある『 ミッション 』という意識の
枠組みにおいて体験を通して得たい “それ” を
『 インスピレーション 』として生み出していきます。



f:id:horiuchiyasutaka:20161118165250p:plain



そして、インスピレーション▶︎ 思考▶︎ 行動▶︎ 現象 として
変換して、具現化していきます。



こうして『 インスピレーション 』は、外側で具現化しました。

さらに、『 現象 』として具現化した “それ” を私たちは
『 刺激 』として受け取ります。



この『 現象からの刺激 』が、“ 体験 ” の源です。

つまり『 現象 』をスタートとする
『 アウトサイド ▶︎ インサイド 』への流れとは
“ 体験をものにする ” という流れなのです。



外側で起きている『 現象 』から私たちは『 刺激 』を受け取り
それを『 チャージ(五感、感情、決断) 』では
『 感覚 』へと変換します。



f:id:horiuchiyasutaka:20161127123755p:plain

 



現象

チャージ(五感、感情、決断)

感覚



f:id:horiuchiyasutaka:20161127125700p:plain




『 チャージ 』から受け取った『 感覚 』
私たちは『 フィルター 』を通して『 解釈 』するプロセスの中で
『 問いかけ 』に変換していきます。



感覚

フィルター(解釈、信念体系、ビジョン)

問いかけ



f:id:horiuchiyasutaka:20161127152445p:plain




この『 問いかけ 』は、『 現象 』を単なる『 現象 』として終わらせない。
『 感覚 』を単なる『 感覚 』としては終わらせないということです。



つまり『 問いかけ 』とは、あらゆる体験を
ものにしていく手がかりとなるのです。



その『 問いかけ 』を自分の内側、つまり『 インサイド 』へと
投げかけたとき、本質的な答えを得ることができるのです。


全ての答えは、すべて、“ 自分の内 ” に
あるということです。





その『 問いかけ 』は、もっとも内なる根元意識
『 いのち、愛そのもの 』
投げかけられたとき、再び新たな
『 インスピレーション 』
として降りてくるのです。



f:id:horiuchiyasutaka:20161127153626p:plain





これが、『 アウトサイド ▶︎ インサイド 』の流れです。

その流れを整理するとこうなります。



          アウトサイド


リアライズ( = 健康状態・人間関係・活動・成果・所有物 )
       『 刺激 』が生み出される
             ▼

     チャージ( = 五感・感情・決断 )
      『 感覚 』に変換される
             ▼

   フィルター( = 解釈・信念体系・ビジョン )
      『 問いかけ 』に変換される
             ▼

   ガイド( = ミッション・いのち、愛そのもの )



           インサイド



さあ、ここからです。


『 インサイド▶︎ アウトサイド 』『 アウトサイド▶︎ インサイド 』
をひとつの流れに繋げるとこのようになります。



インサイド            アウトサイド

インスピレーション▶︎ 思考▶︎ 行動▶︎ 現象
                      ▼

いのち、愛そのもの ◀︎問いかけ ◀︎感覚 ◀︎刺激



さらにこの流れは【水】【氣】【火】【土・金】という
4つのグループとして捉えることができます。


水▶︎ 氣▶︎ 火▶︎ 土・金
           
          
水 
◀︎氣 ◀︎火 ◀︎土・金




これを踏まえた上で、全体の流れを表現するとこのようになります。



 【 インサイド 】


・【水】湧き出る
 『 インスピレーション 』が
   ▼

・【氣】醸成して
 『 思考 』という燃料となり

   ▼
・【火】燃焼して
 『 行動 』という創造を通して

   ▼
・【土】に【金】が豊かに
 『 現象 』として実り


 【 アウトサイド 】


・【土】に実った豊かな【金】を
 『 刺激 』として受け取り
   ▼

・【火】燃焼して
 『 感覚 』として味わい

   ▼
・【氣】醸成して
 『 問いかけ 』という形で

   ▼
・【水】満ち溢れた
 『 いのち、愛そのもの 』へと贈り届けられる



 【 インサイド 】



こうして捉えていくと、『 いのち、愛そのもの 』から
流れ出した『 インスピレーション 』『 現象 』という “ 実り” となり
その生命あふれる豊かな “ 実り ” は再び
根元たる『 いのち、愛そのもの 』へと還っていくのです。




f:id:horiuchiyasutaka:20161127120654p:plain







『 内側 』と『 外側 』を調和させればさせるほど
私たちの人生は、生命に満ちた豊かなものとなっていくのです。





↓ブログランキング、いつもクリックありがとうございます!

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中

 

■月1000円でセミナー受講できるシンクロ倶楽部、スタートしました!

シンクロ倶楽部

 

■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 沖縄かみさまとのやくそくプロジェクト 】


f:id:horiuchiyasutaka:20160901210225j:plain

半年をかけて、豪華ゲストが繋いでいきます!

詳細は、こちらから>>