読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

ブログランキング登録しました!ク、クリックしたかったらしてもいいんだからねっ!

ブログをリニューアルした時に、ブログランキングに登録しました。


増田ゆきさんが、素敵なバナーを作ってくれました。

 

 
実は、ブログランキングを設置するのって
どこか恥ずかしいと思っていました。



クリックして!ってお願いするの、なんかやらしい。

 

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 

 


読者の方にブログ読むだけじゃなくて
『クリック寄こせ』と言ってるみたいじゃないですか。

 

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 

 



バナーなんて設置したら
いかにも『ただじゃ返さないよ!』って
言っているみたいじゃないですか。

 

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 

 


アクセス数とか、反響とか、気にしてる人みたいじゃないですか。

 

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中

 

 




丁度、ブログのリニューアルをゆきさんにお願いする直前、ある方に

 

『 堀内さん、ブログランキング登録どうですか?
 シンクロニシティ・マネジメントというテーマだったら
 引き寄せの法則ランキングとか、ピッタリですし!! 』

 

とアドバイスを受けたのです。

 

『 いやいや、オレそんなのガラじゃないですよ〜。 』



ってすぐさま切り返したんですが
ブログランキングってなんだか、自意識過剰に見えてしまって・・



クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 




で、ゆきさんへブログのリニューアルをお願いした際に
ブログランキングのバナー制作もお願いしまして。


そして・・


f:id:horiuchiyasutaka:20160824213113p:plain 
『ランキングのバナー、アニメーションさせて見たんですが
 どうですかーー??』




↓サイドバナーのこれ

f:id:horiuchiyasutaka:20160808125531g:plain


※赤で囲んだところがチカチカ点滅しています。



おお!!よいじゃないですかーーー!!!
デザインも可愛い!!



・・・というわけで、設置してみたところ・・


ぐんぐん順位が上がって楽しい!(≧▽≦)



登録して2週間なのですが、40位台⇒20位台⇒10位台と来て・・


先ほど見たところ、7位になってました。



それで設置してみて分かったこと。


ブログランキングは、ただ単に記事を書いているだけでは駄目で
クリックしてくれる方がいるからこそ。


そこに「見えない意思」のようなものを感じて嬉しいですね。


『見てますよー。』『読んでますよー。』


のような。


ランキングから、新しい読者さんも来ているみたいで
流れが生まれるのも楽しいです。


順位が段々上がって行く感覚もレースみたいで面白いです。


というわけで、やってみて楽しかったブログランキング。


↓↓ぜひぜひ!!クリックをお願いします(⌒▽⌒)

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中堀内恭隆公式LINE@ LDM公式メールマガジン







f:id:horiuchiyasutaka:20160809103314j:plain


今日、8月9日(火)発売の『アネモネ9月号』に記事が掲載されました!

テーマは、ポジティブ自己愛です。









■直近のイベント・セミナー情報■


【「モチベーションを上げよう!」なんて
「世界」から消失させる1日セミナー】


■大阪:8月27日(土)【残席:6名】、東京:8月14日(日)【残席:3名】

このセミナーでは、たった1日で
モチベーションが「勝手に上がってしまう」状態を掴んで頂きます。


あなたの世界から、『モチベーションを上げる!』といったことが
必要なくなり、二度と現れないというところを目指します。



詳細は、こちらから>>