読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

「運命をマネジメントする」 それが、シンクロニシティ・マネジメント

このブログのタイトルにもした『シンクロニシティ・マネジメント』。



計画して物事を進めるのではなく
「設定されている未来」をこの世界で現実化していくやり方です。



いままでは『インスピレーション力』という形でお伝えしてきました。


が、実際の枠組みも、範囲もはるかに大きいなところを
扱っている感覚がありました。



確かに、インスピレーションを形にしている。
確かに、インスピレーションに従って動いている。


でも、扱っている領域がもっともっと大きいのです。


インスピレーションを使いながら、もっと大きな範囲の物事を
動かしている感覚なのです。


それが繋がってきて、観えてきたのは今年に入ってきてからです。



それは、『インスピレーションとは、どこから来るのか?』という所に
繋がっています。


そして、それは自分ひとりの話ではないのです。


『 自分に降りてきたインスピレーションに従う 』という枠組みを
はるかに超えている話なのです。




Aさんに降りてきているインスピレーションと
Bさんに降りてきているインスピレーションは繋がっています。


さらには、地球の反対に住んでいる
Cさんのインスピレーションも繋がっています。



それぞれ個人が勝手に受け取って
それぞれは「自分のインスピレーションに従って」動いています。



が、『偶然かのように』AさんとBさんのインスピレーションは繋がっているのです。


地球の裏側にいるCさんのインスピレーションも繋がっているのです。



僕は、あるときからこれに気づいてから
ビジネスだろうが恋愛だろうが、この仕組を使って進めています。



シンクロニシティとは、ユングによって提唱された概念です。


何らかの一致する出来事(何か意味やイメージにおいて類似性を備えた出来事群)が、離れた場所で、ほぼ同時期に起きることがある。だが、複数の事象が、従来の「因果性」の説明方法ではうまく説明できない場合がある。そうした、同時期に離れた場所で起きる、一致する出来事を説明するためのある種の原理、作用として提示されたのがシンクロニシティである。

シンクロニシティ - Wikipedia

 


さらにユングは、『集合的無意識』について述べています。


人間の意識同士は実は、集合的無意識(collective unconscious)によって、そもそも交流しているということは述べている。集合的無意識が、人々の心、人々の主観的な意識に入ってゆく過程を、ユングは「個性化」と名付けた。またユングは個々の人の意識が集合的無意識へと反映されるプロセスもあるとしている。人の心は表面的には個別的であるかのように見えてはいても、実は根本的には交流しているのだとしているのである。

シンクロニシティ - Wikipedia

 



つまり、僕らが思っている以上に自分の意識は他の誰かの意識と繋がっていて
自分が考えていることは、偶然にも他の誰かも考えていたり繋がっているのです。



意識とは、「自分ひとりの意識」で捉えるよりも
より大きな「集合意識」で捉えた方が観えてくるもの
理解できることが多いのです。



これが理解できると、インスピレーションに関する捉え方が
全く変わってくるのです。


先ほどの言葉を繰り返します。


Aさんに降りてきているインスピレーションと
Bさんに降りてきているインスピレーションは繋がっています。


さらには、地球の反対に住んでいる
Cさんのインスピレーションも繋がっています。



そしてそれは、「じぶんひとりの意識」より
はるかに大きい「繋がっている意識」からもたらされます。



これが分かってくると、この世界で起きている
「偶然の」出会い、「偶然の」出来事などが
決して「偶然などではない」ということが分かってきます。


つまり、「運命」であるということです。



シンクロニシティ・マネジメントとは
「運命のマネジメント」ということなのです。


「運命」のなかには、ありとあらゆる「未来」が入っています。




「すでに設定されている未来を、インスピレーションで読み取る」ということです。



「運命」をマネジメントするということです。


一見するとバラバラに見えるAさん、Bさん、Cさんの
人生や体験がリンクして、“何か”を生み出されていくのです。



自分と繋がり、インスピレーションを受け取る。
他者と繋がり、インスピレーションが掛け合わされる。
世界と繋がり、人類レベルでインスピレーションによって世界が創造される。



これを「単なる偶然」で片付けるのではなく!
意識をして扱っていく。


その鍵は『シンクロニシティ』です。

だから『シンクロニシティ・マネジメント』なのです。




f:id:horiuchiyasutaka:20160810122100j:plain








↓ブログランキング参加しました!クリックありがとうございます!

クリックしたらシンクロニシティが起きる!?にほんブログ村ブログランキング参加中 堀内恭隆公式LINE@ LDM公式メールマガジン







f:id:horiuchiyasutaka:20160809103314j:plain


今日、8月9日(火)発売の『アネモネ9月号』に記事が掲載されました!

テーマは、ポジティブ自己愛です。









■直近のイベント・セミナー情報■


【「モチベーションを上げよう!」なんて
「世界」から消失させる1日セミナー】


■大阪:8月27日(土)【残席:6名】、東京:8月14日(日)【残席:3名】

このセミナーでは、たった1日で
モチベーションが「勝手に上がってしまう」状態を掴んで頂きます。


あなたの世界から、『モチベーションを上げる!』といったことが
必要なくなり、二度と現れないというところを目指します。



詳細は、こちらから>>