読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

欲望をちゃんと叶えてあげると、人生はどんどん加速する!

欲望のほぼ全ては叶います。

ややこしいのは、欲望を認めていないで
生きてると、願いが叶ったことに
気づかない。


叶っているのに、そもそもそんな欲望を
持っていることを認めてないから
叶ったことなんて気づくはずもない。


だから、受け取れない。


最初は、自分でも自覚している(受け入れている欲望)が叶いやすいです。

ここは、気づきやすい。


すでに受け入れている欲望だから。


んで、ちゃんと自分に「願いがかなったよ!」って
しっかり感じさせてあげるとその欲望は満たされて
成仏します。


んで、あらかた欲望が叶ってくると
今度は潜在的な欲望も叶ってきて
そうなってくると、今度はそれを受け取ることが
大切です。


それまで認めてこなかった、目を背けてきた
自分の欲望を明らかにして
ちゃんと受け取る。

ちゃんと成仏させていく。


そうしないと何が起きるのかというと
繰り返し与えてくれるのです。

本当に、これでもかっていうぐらいに
形を変えて、潜在的な欲望を叶えるような
状況が起きてきます。


そして、自分が欲望に素直じゃない
つまり歪んでいたら状況も歪んで見えるから
全然正しくそれを見ることができません。


で、いつまでも満たされることのない
潜在的な欲望は、どんどん勝手に拗ねてこじれて
世界を見るフィルターを歪ませていくのです。


本当にびっくりするぐらいに
願いって叶ってるんだから
ちゃんと受け取りましょう。


ちゃんと受け取ると、そこで人生が変わります。


なぜなら、もうその願いを叶える必要が
なくなったから。


ちゃんと受け取らないと、人生を先に進める
ブレーキになります。


「欲しい!!」から抜け出せないから。


とっくに叶って、次の体験をしたい
次のものが欲しい
次の世界が見たい!!って未来に自分は
行こうとしてるのに、受け取ってないから
未来に進めない。


だからね、欲望とうまく付き合えるようになる
欲望をちゃんと叶えてあげる
欲望をちゃんと受け取ってあげる
欲望をちゃんと扱ってあげると
人生がどんどん加速していくのですよ!





■LINE@始めました!

ID:「@hori_yasu」で検索できます。

↓クリックで登録できます。
友だち追加数



■LDM公式メールマガジン
登録は、こちらのページからできます。>>
※漫画の一番下に登録フォームがあります。



■直近のイベント・セミナー情報■


【 LDM、インスピレーション力の全貌を棚卸しするセミナー


■7月17日(日)意識と本当の自分
  ー トランス誘導の仕組みとは?目覚めた意識とは? ー

■7月18日(月・祝)スピリチュアルと運命
  ー どうすれば、運命を動かすことができるのか?ー


開催レポートは、こちらをご覧ください。

その1:自分の感じている感覚すべてを掴むということは、宇宙全部を掴んでいる
その2:「我々は何者か?」
その3:「自分が気持ちいい」と感じる感覚が全部全部教えてくれるようになる。
その4:あらゆることへの「信頼」がインスピレーションを 受け取る土台になります。
その5:エゴは存在「しない」。エゴは存在「する」。この両方を全肯定することが、インスピレーション具現化に繋がっていく。
その6:「性」は、自分を大切にする。自分を愛する。 誰かと愛し合う。誰かと繋がる。あらゆる関係の雛形だからこそ 真正面から向き合っていきたい。
その7:セックスというものに正面から向き合って、自分の快楽と不快感にしっかりと向き合う。それが「性と生命」を扱う上での前提になります。


詳細は、こちらから>>



【 『かみさまとのやくそく』映画上映会と魂ワーク 】


f:id:horiuchiyasutaka:20160610083852p:plain

■日時:7月31日(日)13:00〜18:00
■会場:ザ・リッツカールトン大阪2階ザ・ガーデンルーム

東京での開催レポートは、こちらをご覧ください。

blog.hori-yasu.com




詳細は、こちらから>>



【「モチベーションを上げよう!」なんて
「世界」から消失させる1日セミナー】


■大阪:8月27日(土)【残席:6名】、東京:8月14日(日)【残席:3名】

このセミナーでは、たった1日で
モチベーションが「勝手に上がってしまう」状態を掴んで頂きます。


あなたの世界から、『モチベーションを上げる!』といったことが
必要なくなり、二度と現れないというところを目指します。



詳細は、こちらから>>