読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

望むパートナーシップを引き寄せる否決。まず、「自分にとっての快・不快を選べるようになる」 次に「相手を選べる自分」になる。

女性性・男性性

これまで、男女関係について

以前のブログを含めて何度も発信してきました。

 

男性が女性の感覚を受け止めること

女性のために生きる喜びのこと

相手のためでなく、まず自分を大切にすること

などを書いてきました。

 

 

そして、こんなご質問を受けることがあります。

 

「男性は女性の言いなりに奴隷のように

 なればよいのでしょうか?」

 

「女性は男性に尽くしては

 いけないのでしょうか?」

 

 

違います。

 

 

まず、自分を大切にする。

それは女性でも男性でも同じこと。

 

 

その「自分を大切にする」ことの中には

「相手を選ぶ」ということも含まれます。

 

 

そして、「相手を選べる自分になる」

ということが大切です。

 

 

「選ぶ」んです。

 

選ぶために、自分が何が好きか嫌いか

自分の快・不快が何かを知ることが

大切なんです。

 

 

そしてかなりの場合、最初は上手く選べません。

 

自分にとって何が快・不快なのかを見失って

しまっているから。

 

 

「自分にとって」の快・不快でなく

「相手にとって」の快・不快を無意識で選ぶことが

細胞レベルで浸透しているから。

 

 

本当のことを言うと、女性性の質として

「尽くしたい」が備わっています、

 

尽くすことに喜びを感じ、自然と尽くしてしまう

質を備えています。

だからこそ注意が必要なのです。

 

 

自分にとって快・不快が分からない。

相手もちゃんと選べない。

自分の感覚や気持ちも伝えられない。

それ以前に、不感症になって

自分が何を感じているかも分からない。

 

 

そうなると

 

「自分と相手の区別が分からなくなってしまう」

 

のです。

 

 

だからこそ、まず「自分」を確立する。

 

 

男性も同じ。

 

まず、「自分にとっての快・不快を選べるようになる」

 

次に「相手を選べる自分」になる。

 

 

そうなったとき

「この人の幸せのために、自分を捧げたい」という相手が分かります。

 

男性も、どうでもいい相手に自分を捧げる必要など

一ミリもありません。

 

 

自分にとって大切にしたい相手かどうかを

選べることが大切です。

 

 

だからパートナーシップであれば

相手との関係をよくしたいのであれば

まず、自分との関係をよくする。

 

 

相手と仲良くしたいのであれば

自分と仲良くすることが先なのです。





■LINE@始めました!

ID:「@hori_yasu」で検索できます。

↓クリックで登録できます。
友だち追加数



■LDM公式メールマガジン
登録は、こちらのページからできます。>>
※漫画の一番下に登録フォームがあります。



■直近のイベント・セミナー情報■


【 LDM、インスピレーション力の全貌を棚卸しするセミナー


■7月17日(日)意識と本当の自分
  ー トランス誘導の仕組みとは?目覚めた意識とは? ー

■7月18日(月・祝)スピリチュアルと運命
  ー どうすれば、運命を動かすことができるのか?ー


開催レポートは、こちらをご覧ください。

その1:自分の感じている感覚すべてを掴むということは、宇宙全部を掴んでいる
その2:「我々は何者か?」
その3:「自分が気持ちいい」と感じる感覚が全部全部教えてくれるようになる。
その4:あらゆることへの「信頼」がインスピレーションを 受け取る土台になります。
その5:エゴは存在「しない」。エゴは存在「する」。この両方を全肯定することが、インスピレーション具現化に繋がっていく。
その6:「性」は、自分を大切にする。自分を愛する。 誰かと愛し合う。誰かと繋がる。あらゆる関係の雛形だからこそ 真正面から向き合っていきたい。
その7:セックスというものに正面から向き合って、自分の快楽と不快感にしっかりと向き合う。それが「性と生命」を扱う上での前提になります。


詳細は、こちらから>>



【 『かみさまとのやくそく』映画上映会と魂ワーク 】


f:id:horiuchiyasutaka:20160610083852p:plain

■日時:7月31日(日)13:00〜18:00
■会場:ザ・リッツカールトン大阪2階ザ・ガーデンルーム

東京での開催レポートは、こちらをご覧ください。

blog.hori-yasu.com




詳細は、こちらから>>