読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

醜いとか美しいとかも意識する必要はない。自分として、ただあること。その瞬間、僕らは「かみさまとのやくそく」を生きている。

セミナーレポート

美空さんの「かみさまとのやくそく」レポートが丁寧で嬉しい!

2回に渡って書いていただいています。

ameblo.jp

 

大人の胎内記憶を引き出すと
今の仕事や、今その人に出会う理由を
思い出すことが多い。

苦労している両親のところに生まれたら
「両親を救いたい」
と思うし、

両親から愛してもらえなかったら
「この世界は私を愛してくれない」
と思う。

両親=生まれて初めて接する世界だから
影響力は大きいのです。

だから、
『かみさまとのやくそく』は
子供の話ではない。



そうそう!きっと色々な捉え方があると思います。

僕がこの映画を鑑賞した時に感じたことは
決して子どもたちだけの話でなく
大人の自分も「かみさまとのやくそく」を
してここにいるということ。


僕の解釈では、「自分のとの約束」だと
思っています。


魂が、この世界に来る前にしてきた
自分との約束。


だから、自分に話しかければ
神様がいつも答えてくれる。


その声は、ワクワクとか、ときめきとか
インスピレーションで。


そう感じています。



その上で・・・

ameblo.jp

・もともとはみんな同じ。

・完璧に平等だし、上下関係はない。

・同じなんだから、
   好きなことをやればいい。

・愛を与える役割もあれば
   愛を受けとる役割もある。

・どちらもいないといけない。

・人数分の愛の形がある。

・かみさまとのやくそくは
   崇高なものばかりではない。

・かみさまとのやくそくをして
   生まれてきた人はたくさんいるから
   自分は自分に集中していい。



「かみさまとのやくそく」は意識しないで大丈夫。

形とか、表現方法なども意識しなくても大丈夫。


なぜならば、我々は純粋な想いに繋がっているときに
必ず「かみさまとのやくそく」を生きているから。


形に拘ってしまうと、見えなくなってしまう。

他人の姿は見えても自分の姿は見えないから。


醜いとか美しいとかも意識する必要はない。
自分として、ただあること。


その瞬間、僕らは「かみさまとのやくそく」を生きている。


僕は、そう捉えています。





■LINE@始めました!

ID:「@hori_yasu」で検索できます。

↓クリックで登録できます。
友だち追加数



■LDM公式メールマガジン
登録は、こちらのページからできます。>>
※漫画の一番下に登録フォームがあります。



■直近のイベント・セミナー情報■


【 LDM、インスピレーション力の全貌を棚卸しするセミナー


■7月17日(日)意識と本当の自分
  ー トランス誘導の仕組みとは?目覚めた意識とは? ー

■7月18日(月・祝)スピリチュアルと運命
  ー どうすれば、運命を動かすことができるのか?ー


開催レポートは、こちらをご覧ください。

その1:自分の感じている感覚すべてを掴むということは、宇宙全部を掴んでいる
その2:「我々は何者か?」
その3:「自分が気持ちいい」と感じる感覚が全部全部教えてくれるようになる。
その4:あらゆることへの「信頼」がインスピレーションを 受け取る土台になります。
その5:エゴは存在「しない」。エゴは存在「する」。この両方を全肯定することが、インスピレーション具現化に繋がっていく。
その6:「性」は、自分を大切にする。自分を愛する。 誰かと愛し合う。誰かと繋がる。あらゆる関係の雛形だからこそ 真正面から向き合っていきたい。
その7:セックスというものに正面から向き合って、自分の快楽と不快感にしっかりと向き合う。それが「性と生命」を扱う上での前提になります。


詳細は、こちらから>>