読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

純粋な魂、生命の躍動たる身体を備えている我々が、汚れた存在などであるはずがない。

昨日アップしたブログ、FacebookやLINEで
温かいコメントを沢山いただきました。

blog.hori-yasu.com



何かを発信するとき、純粋なメッセージであればあるほど
それは丸裸の自分から発せられます。

セミナーのテキストやメソッドのツールなども同じ。


一番生身の自分の真ん中を外にだす作業。


それは


誰も分かってくれないかも知れない。
共感してくれないかも知れない。
届かないかも知れない。


という、ひとりになる怖さを伴う作業です。

発する場所が純粋なところであればあるほど
感じる怖さは、より大きなものとなります。



体調が、回復してきました。


そして、自分の感覚を丁寧に感じていくようになった結果
以前よりも、自分の感覚を感じられるようになれました。


だから、「怖い」という感覚も敏感に感じるようになっています。


そして、それを平然とした顔で感じないフリや
平気なフリをするのは嫌なのです。


この活動を始めてから変わらぬ想いがある。

いまだからこそ、これまで以上にしっかりと
発していきたい。



色々な方が目覚めるきっかけになる。

人類がよりよい方向に進んでいく。


たったひとりの小さな自分だけれど
この、小さな自分だからこそできることがある。


ひとりひとりが、自分を犠牲にすることなく
自分を幸せにし、自分の幸せのために生きて
それが誰かのためになっている。


子どもが生まれてきて「ありがとう」と言われる世の中に。

僕らは、魂の役割をもっているから
ひとりひとりが世の中をよりよくするために生まれている。


だから、生まれた時点で「ありがとう」と
言われるほどの存在なんです。


それは、子どもだけじゃなく。
僕らも、存在しているだけで「ありがとう」と
言われるほどの存在なんです。


いま自分の存在へ罪悪感を感じている方へ
あなたは、世の中を汚してしまうような存在ではないし
誰かに迷惑をかけるような存在ではない。


人類は、地球の破壊者などではないし
本当は、横暴な支配者なんかではない。


生まれたときから、罪を背負って
生まれてきているわけであるはずがない。


生まれてきているだけで、「ありがとう」と
言われる存在であることをどうか思い出して欲しい。


頭では、覚えていないかも知れないけれど
魂は憶えています。


この世界をよりよくするために
誰かを笑顔にするために生まれてきたことを。


自分という存在が、細胞のひとつひとつに至るまで
「愛」であるということを思い出して欲しい。


どうか、自分への破壊活動をやめて欲しい。
自分の中に存在することを「悪」とみなしているのであれば
それをやめて欲しい。


あなたは、忘れてしまったかも知れないけれど
あなたの魂は純粋な想いでこの世界に訪れている。


そして、身体は自然の一部です。
この地球の、宇宙の一部として本来持っているものが
開いていけば、それは「いのち」であり
豊かな躍動そのものなのです。


純粋な魂い、生命の躍動たる身体を備えている
我々が、汚れた存在などであるはずがない。


こんな風に、ひとりひとりが自分のことを
思い出せるような祈りを、魂から
僕は自分の発するものへ込めています。





■LINE@始めました!

ID:「@hori_yasu」で検索できます。

↓クリックで登録できます。
友だち追加数



■LDM公式メールマガジン
登録は、こちらのページからできます。>>
※漫画の一番下に登録フォームがあります。



■直近のイベント・セミナー情報■


【 LDM、インスピレーション力の全貌を棚卸しするセミナー


■7月17日(日)意識と本当の自分
  ー トランス誘導の仕組みとは?目覚めた意識とは? ー

■7月18日(月・祝)スピリチュアルと運命
  ー どうすれば、運命を動かすことができるのか?ー


開催レポートは、こちらをご覧ください。

その1:自分の感じている感覚すべてを掴むということは、宇宙全部を掴んでいる
その2:「我々は何者か?」
その3:「自分が気持ちいい」と感じる感覚が全部全部教えてくれるようになる。
その4:あらゆることへの「信頼」がインスピレーションを 受け取る土台になります。
その5:エゴは存在「しない」。エゴは存在「する」。この両方を全肯定することが、インスピレーション具現化に繋がっていく。
その6:「性」は、自分を大切にする。自分を愛する。 誰かと愛し合う。誰かと繋がる。あらゆる関係の雛形だからこそ 真正面から向き合っていきたい。
その7:セックスというものに正面から向き合って、自分の快楽と不快感にしっかりと向き合う。それが「性と生命」を扱う上での前提になります。


詳細は、こちらから>>