シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

いま、できることを見つける。

東日本大震災のとき、東京、大阪で
チャリティセミナーをしました。

タイトルは、「いま、できることを見つける」。


当時はまだ東京に住んでいました。
大阪に出張したときに、驚いたことがあるのです。


それは、沈んだ気持ちになっている方が多いこと。


僕は東京で大きな揺れを経験しましたし
その後に続く余震や、ダイヤの乱れなども
経験していて、先が見えない中での漠然とした
不安を感じていました。


大阪にて出会った方で鬱っぽい気分に
なっている方が沢山いて、西日本でも
暗い気持ちになっている方が沢山いる。


個人的には、西日本の方に元気を分けてもらえたら
嬉しいなと感じていたところが身勝手にも
ありましたので、複雑な気分になりました。


話を聞いていくと、だんだんと状況が
見えてきました。

毎日のようにテレビで現地の様子が
流れてくるのに、なにもできない自分。

現地に行くこともできず
寄付をしようにも大きな金額を出せるわけでもない。

自分は、安全・安心なところにいて
動けるのに、どうしようもできない無力感。



でね、確かに安心・安全なところにいて
五体満足かも知れないけれど
心を痛めて、ストレスを抱えて
自分の無力感にさいなまされているのであれば
あなたも十分に苦しいところにいるよ。

そう感じたのです。


そして、現実、お金も、影響力も、人脈も
あがいたって今の今、すぐに大きく変えられる
わけではない。


だから、今の等身大の、自分ができること。
そこにしか答えを見つけることができない。


でも、それは視野を拡大すると
だからこそ、大きな物事を動かしていることに
気がつくことができるのです。


普段から僕らひとりひとりは
小さなことしかできません。


どこかで誰かが困っていても
救いを求めていても、できることは限られている。
それは生まれたときからずっと同じ。


僕らは、はじめから「ちいさなひとり」なんです。


それでも、そんな「ちいさなひとり」が
集まって、日本全国の家族や会社、地域
この国が成り立っている。


この国は、もともとそんな
「ちいさな自分しかできないこと」が集まって
ずっとずっと存在し続けているのです。


食べ物も、着るものも、住むところも
遊ぶところも、道具も、サービスも、移動手段も
全て、どこかの「ちいさな自分」が
日々、生み出しているのです。


そうやって豊かな国を育んできたのが
僕らがこれまでずっとやってきたことなんです。


ニュースやインターネットを見ていると
「大きな出来事」「大きな社会」に対して
あまりに「無力なちっぽけな自分」しか
見えなくなってしまうことはあるかも知れない。


でも、生まれてから、今日に至るまで
「大きな繋がりのなかのひとり」として
僕らは存在している。


だから、無力でちいさな自分という残酷な
事実を受け入れたとき
より大きな繋がりや力によって日々支えられて
生きていることを思い出せるのです。


「ちいさな自分たち」のひとりとして
いま、できることは何だろう?


そして、そんな「ちいさな自分」が
身近な愛する人、大切な人のためにした
「小さなこと」「小さな思いつき」が
集まっていつもこの国を動かしている。


道路も、家も、着るものも、電化製品も
電化製品の部品も、食べ物も、輸送手段も
ぜんぶぜんぶ、「ちいさなじぶん」達が集まって
生み出してきたものなんです。


自分ひとりで生きていける
自分の人生は自分でなんとかする
自分を支えるのは自分なんて
気負って頑張ってしまおうとすれば
するほどに、「ちいさな自分」という
現実が突きつけられます。


でも、「ちいさな自分」という現実を生きる時

【いま、できること】

が見つかるのです。


当時、チャリティセミナーのタイトルを
「いま、できることを見つける」
というものにしたのは、その想いからです。

それは、今日も同じです。


自分のサイズを無理に大きくしなくてもいい
無理に立派にしようとしなくてもいい
飾り立てようとしなくてもいい。


頑張りすぎて、倒れそうなあなたに
そんな言葉を贈ります。