読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

「自分という存在への確信」が人生全体への信頼となって、ブレない軸になる。

f:id:horiuchiyasutaka:20160419171409p:plain



5月5日(木)13:00より
「かみさまとのやくそく」の上映会と
荻久保 則男監督とのジョイント講演会を行います!

詳細、お申し込みはこちら >> 



今回のイベントに当たって
荻久保監督にインタビューをしたところ・・


なんと今回の上映はリニューアル版!

しかも、今後カットする予定のシーンも盛り込んだ
特別版だそうなのです!!



監督によると、インパクトが強いシーンのため
どう受け取られるか分からない。


だから、カットすることにはなるけれど

ただ、とても大切なメッセージが伝えられているので

準備ができている方には観て欲しい。


僕との講演会にいらっしゃる方であれば
大丈夫であろうとご判断されて
今回はノーカットでそのまま上映していただけるとのこと。



その内容はシークレットとのことで
ここでは明かすことはできないのです。



お聞かせいただいたのですが、

・自分が生まれてきた意味
・なぜ、この自分という存在を選んできたのか?
・全ては、大丈夫だということ
・未来に向けて、いまできること



などなど・・
確実に自分の魂に共鳴してしまう。
それを感じました。




ブログで詳細をお伝えできないのが
もどかしいのですが
ピンと来た方は、絶対に来て欲しいです。


この日、大切な何かを思い出すことになるでしょう。



監督のお話をお伺いしていて
思い出したことがあります。

この映画で扱われている
“ 胎内記憶 ” について
「多分、このことだろうな・・」と
感じる経験が、実は僕にもあるのです。



2007〜2009年頃にかけて「トランス誘導」という
手法でマンツーマンでセッションを行っていました。

そのときクライアントさんが
“生まれる前の記憶” を話しだすことが
度々ありました。



・“今回の人生” をなぜ選んできたのか
・なぜ、いまの仕事を選んでいるのか
・いま一緒にいる人といるのか

それら全体を含めた「人生のテーマ」は何なのか?
といったことを話されるのです。

※実際にそうかどうかは分かりませんが
 トランス意識状態になると話し始めるのです。



その “記憶” に触れるということは
ご本人にとっては、ずっとずっとどこかで探していた
 「魂のスイッチ」があたかも入るような体験です。


「自分という存在への確信」が人生全体への信頼
となって、ブレない軸になるということです。



そして、今回のイベントでは
同じようにあなた自身の「かみさまとのやくそく」を
思い出していただくワークを第二部で行います。


これは、当時行っていたトランス誘導を進化させ
LDMでツールとして落とし込んだものを
この日のイベントの特別版として提供します。


映画による相乗効果、さらには参加者の皆さんの
意識とエネルギー繋げて行うものですので
他にはない体験になるはずです。


この日、あなたはあなた自身と再会することになるでしょう。
お楽しみに!




イベント概要■

堀内恭隆さん・荻久保則男監督ジョイント講演会
〜あなた自身のかみさまとのやくそくを思い出す〜
&『かみさまとのやくそく』上映会


主催:鮫島未央

■開催日時
201655日(木・祝)13:00~18:00
場所:NATULUCK日本橋

 

イベント内容

第一部:ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく」上映


第二部:堀内恭隆さん+荻久保則男ジョイント講演会

「~あなた自身のかみさまとのやくそくを思い出す~」

f:id:horiuchiyasutaka:20160419212417p:plain

f:id:horiuchiyasutaka:20160419212402p:plain


 

参加費
大人   ¥10,800(税込)高校生以上
小中学生 ¥5,400(税込)
未就学児 無料


詳細、お申し込みはこちら >>