シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

何かを見失いそうなときはミッションやテーマより「居心地のよさ」に戻りたいと思うのです。

今回、ブログを新たに立ち上げて感じることは
このブログの空間の居心地のよさ。


記事を更新していて
「あ、ここに新たに立ち上げてよかったな」
という感覚を感じました。


インターネットにおける自分の空間の感覚。


スマホやパソコンを通じてのヴァーチャルな
世界のはずですが、そこで見える空間
感じる空気感は、長く続ける上では
大きいなと感じます。


ー 僕は、この空間にいて、この空間を
 気持ちのよいものに整えていって
 それを拡大していけばいい。


ブログの場合は、それはアクセス数やSNSでの
いいね!の数などに反映されるものですが
それらの数字が表しているものは
「空間のサイズ」であるというのが僕の感覚です。


「自分から広がる世界」と表現してもいい。


その空間が僕にとって居心地いいものが
まず最優先で、そしてそれが拡大していったとき
同じ感覚を共有する人たちが集まってくる。


それは、自分から広がるコミュニティの
居心地のよさに繋がっていく。


そうなっていくことを確信しています。


ですから、ここでの居心地は僕に全責任があり
かつ、自由で無限大の可能性があるのです。



そして、いま僕が意識したいことは
まず、自分に優しくしたい。


そこから広がっていく空間は
どこまでも僕に優しい空間になるはずだからです。


ミッションやテーマみたいなものは忘れた(笑


あるけどね。


あるけど、それはゆるぎなく存在するものなので
いまは意識せず、慌てず、まずは
この空間の居心地のよさを身体のレベルで
浸透させて記憶させたいのです。


何かを見失ったとき、見失いそうなときは
ミッションやテーマに戻るのではなく

「自分にとっての居心地のよさ」に
戻ってこれるよう、それを最初のいまは
じっくりとブログに浸透させていきたい。

そう思うのです。