読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ・マネジメント 堀内恭隆 公式ブログ

インスピレーション力®で「望む未来」を「偶然」からデザインする

目標設定とは「夢の世界を生きている」ということ!

水ブロのアトムさんが「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」の
書評を書いてくださいました。


アトムさんには度々ご紹介いただいていますが
どれも秀逸で、もはやコンテンツとして
そのままセミナーなどに使えそうです。


今回も「こんな本があるなら読みたい!!」と僕も
思ってしまうほどでした(笑)


f:id:horiuchiyasutaka:20170516162442p:plain



ameblo.jp



シンクロニシティとは「(意味のある)偶然の一致」

そしてマネジメントは「管理」のことですね。

 

偶然を思うがままにコントロールしていけたらこの世は思いのままです。

 

自己啓発界で流行の「引き寄せの法則」はそういう考え方のジャンルですよね。

 

ぱっと見、この本を読めば、シンクロを起こせまくれる!

そう思いそうになります。

 

しかし、こちらの本には

「シンクロ・マネジメントとは、シンクロをむりやり作り出し、

コントロールしようとすることではありません。

シンクロ・フィールドからインスピレーションを受け取り、

それによって周囲と調和しながら、

新たな世界を生み出していくことです」P78

と、あります。

 

シンクロは起こすものではなく、

気づくものであるという考え方なんです。

 

これだけのことを書けるということは、アトムさんは
全部わかっていて、さらに整理・言語化もできているのでしょうね〜。


で、特に面白いと思ったのはこの部分!!



目標設定的な生き方は、

実は夢の世界を生きているともいえます。

 

目標という、今ではない架空の世界を生きています。

これは、目をつぶって世界を歩んでいるかのようです。

 

今起こっていることに目が覚めていない、

夢遊病者のようなものです。

 

これだと思いもよらない事故や病気がやってきたりもするのです。

 

 

しかし、後者のシンクロ的生活は、

今起こっていることに研ぎ澄まされている。

いつも目覚めて、覚醒している。

そんな生き方です。

 


目標設定を「夢の世界を生きている」という捉え方は
新鮮で、なるほど〜!!と膝を打ちました。


むしろ、逆に思えませんか??


でも、確かに目標っていうのはどこまで行っても
「仮説」ですし、「妄想の言語化」です。


だから、あまりにそこにとらわれ過ぎてしまうならば
「夢の世界を生きている」ということになります。


この視点はすごいな〜と思うのと同時に
当たり前と言えば当たり前、なるほどなんで
気づかなかったのだろう・・・というぐらいに
コロンブスの卵だったのですが、いかがでしょう?



サキ読み「歴代1位」!3000名以上の方にダウンロードいただきました。
残り、あと2日間です。

ダウンロードは、下記バナーから!

f:id:horiuchiyasutaka:20170419173711j:plain



★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」の解説動画、公開しました!


・なぜ「読むだけ」でシンクロが増えるのか!?



・大反響!!紹介動画




★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」
 公式Facebookページ立ち上げました!
 「いいね!」で最新情報が届きます。





■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 月額1000円でセミナー受け放題!シンクロ倶楽部 】


f:id:horiuchiyasutaka:20161114211427p:plain




6月24日(土) 「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」解説&質問



「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」が出版されて丁度1ヶ月。
著者である僕が、直接解説をします。さらに本を読んで感じた疑問や「どういうことなの?」といったことに関して全部答えます!

詳細は、こちらから>>


サキ読み「歴代1位」!『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』

ついに

 

ついに

 

ついに

 

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント
サンマーク出版、サキ読みダウンロード件数
歴代1位」となりました!



f:id:horiuchiyasutaka:20170419173505j:plain


 

 

昨日は一日で500件近くもあったそうで
現時点で、なんと!3106件とのこと。

 

 

少し前までは、金子さんと
「2000人の方に発売前に読んでもらえるなんて、すごいですよねー」
と話していたのです。

 

 

行くときには、一気に行ってしまうんですね・・

 

 

ここ数日に関しては、もう自分の力や意思とかでなく、
もっと大きな何かの後押しをいただいた感覚です。

 

 

あえて、本に出てくる表現を使うならば
「シンクロニシティ・フィールド」と繋がって
そこから渦のようなものが拡がっていったような感じですね。

 

 

おかげさまで「見えない領域」でも応援して
もらっている本だと確認することができました。

 

 

残り2日間となりましたが、どこまで伸びるのか楽しみです。

 

 

引き続き、よろしくお願いします^^

f:id:horiuchiyasutaka:20170419173711j:plain



★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」の解説動画、公開しました!


・なぜ「読むだけ」でシンクロが増えるのか!?



・大反響!!紹介動画




★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」
 公式Facebookページ立ち上げました!
 「いいね!」で最新情報が届きます。





■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 月額1000円でセミナー受け放題!シンクロ倶楽部 】


f:id:horiuchiyasutaka:20161114211427p:plain




6月24日(土) 「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」解説&質問



「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」が出版されて丁度1ヶ月。
著者である僕が、直接解説をします。さらに本を読んで感じた疑問や「どういうことなの?」といったことに関して全部答えます!

詳細は、こちらから>>


秦由佳さんが「シンクロニシティ」を!「点」と「点」を繋いで創造する自由。

秦由佳さんが、メールマガジンで「シンクロニシティ」について
取り上げてました。


yukahata.com





秦由佳さんの視点や、言葉のチョイス、センスが大好きで
「シンクロニシティ」の解説もまた素敵なのです!!!


私はもともとむかしから、

点と点がつながる瞬間というのを頼りに生きている感じが強く、
むしろ、独立した点だけで物事を捉えないようにしています。

『脈がある』ということがたまにありますが、
流れがあるない、は点と点がつながっているかいないか、
という感じ。

動物のようだな、と自分で思います(笑)
ほんと、こう見えてあまり考えていないんです。




例えば、何か困ったことや問題と感じることがあったとしても
それは一つの点にすぎず、

何か別の点とつながりを持った時に
問題や困ったことの意味が変わるので
他のこととのつながりは何かないだろうか?と感じてみます。

ひとつひとつの出来事はただ起きているだけですが、
その起きているだけの出来事に意味を見出し、
何かを予想したり、起きていない出来事にまで妄想を広げられるのが人間。


それが良い方向に向かうこともあれば、
自分にとってネガティブな方向に向かうこともある。


少なくとも私たちの気分や機嫌というのは
起きた出来事によってではなく、

点と点のつながりである”線”や、”面”によって
作られているので、

『起きた出来事によって、気分や機嫌、感情が決まるわけではない』

ということですね。

だから、普段からそれを意識しています。

^^^^^

例えば、紙の上に点が3つしかなかったとしましょう。

その3つの点をつなげて描ける形は決まっています。
四角形は作れません。

しかし、点が4つに増えるとどうでしょう。

点と点をつないで、三角形も描けるし、
四角形も描けます。

点が5つになれば、

三角形も、四角形も、五角形も描けます。

点が増えると、描ける形が増える。
つまり、自由度が増すということです。

^^^^^

物事を俯瞰してみましょう、とよく言われるのは

俯瞰することによって、見える点の数が増えるからです。

見えている点の数が少ないと、
それによって描ける数もすくない。

点の数を増やす、ということは
”いまここで起きていること”を
より多く、感知する、

ということでもあります。

これは感情も同じ。

”悲しい”とだけ感じているとしても、
感情はひとつじゃない。

もっとたくさんの感情や想いがあるなかで、
”悲しい”にだけフォーカスすると苦しいのですが、

潜在している他の感情や想いにフォーカスをしてみるのです。

すると、

”悲しい”と感じているときでさえ、
”嬉しい”
”さみしい”
”すき”
”たいせつ”
”うらやましい”
”恥ずかしい”

・・・などの、いろいろな感情が同時多発的に
あるということがわかるのです。


ただ、感情にのまれているとき人は、
全エネルギーがその感情へ集中します。

すると、他のことが見えなくなり、
他の点が見えなくなる。

だから、脳内で描くイメージが制限されて
不自由になります。

今ここで起きていることに、よりたくさん気づく。

これは、自分の制限を外すことでもあり
内的な自由度を増す、ということにもつながるのです。


^^^^^

この話は、シンクロニシティのはなしと深い関係があります。

ひとつの点だけではなく、より多くの点を見出す。

より細かく、たくさんのことが同時に起きている、
ということに気づいてみると、

それぞれが、つながりを持っていることがわかります。


たとえば最近、わたしの身の回りである困ったことがありました。

しかし、その困ったことだけをみると、
「どうしよう」で終わるのですが

他にも起きていること
(たとえば、未来への展望とかやろうとしている他の仕事とか)
をみていくと、

わたしの身に起きている”困ったこと”は、決して問題なのではなく

『ひょっとすると、これとつながりがあったとしたら
起こるべくして起こっていることなんじゃないか?』

と思えてきます。

もちろん、それを100%信じるとかではなく、
自分の感覚的にそう思えると、非常にこころが自由になります。

『困ったことが起きた!!』ではなく

『困ったことが起きたけれど、
それはこう捉えたらこういうつながりが見えるから、
もしかすると、すんごいチャンスなのかもしれない 』

と、思考に広がりがみえるのです。


こういったことを意識していると、
起こる出来事にシンクロニシティの流れが見えてくるんですね。


『こういうつながりがあるならば、
こうすればいいじゃないか!!
なんだ、完璧じゃん!』

と。


巷ではよく、

”起こることにはすべて意味がある”
”すべて、起こるべくして起きている”

と言われますが、わたしはそうだとは思っていません。

起こることはただ起こること。
ただ起きたこと。ただの点。

でも、その点と点のつながりを、自分が発見することができたなら、
ある意味”すべてのことは意味がある”と思えるのです。

だから、

シンクロニシティは、外側の世界で起きているのではなく、
内側の世界でいつだって、起こるものだ。

わたしはそのように、思うのです。

もし、今しんどいなーとか
たいへんだなーとか困っているなーという泥中にいる人は、
自分の見えている点の数を、数えてみてください。

そのうえで、もしかしたら
まだ見えていない点があるのではないか?

今、自分がフォーカスをしていないだけで、
本当は、こういうことも、こういうことも起きているのではないか?

と意識をシフトしてみてくださいね。

あなたの中で、シンクロニシティが発生します。

それは、老若男女、性別年齢関係なく、
誰もがもつ、潜在した”創造の自由”でもあるのです。

^^^^^^^^

ということで、今日のメルマガはここまで。
あなたにとって何か、良いきっかけとなるタイミングでありますように。

そして、今日のメルマガでもちょこっと話したように、
感情や思考、考え、想い、なんていうのも
同時多発的に存在しています。

「やりたいことがない」
「好きなことがわからない」
「何をやればいいのかわからない」

そんな方も多くいるのですが、
どうも、”ひとつ”にこだわり、
”ひとつ”に決めたがる。

大事なのは”点”ではなく、線や面を作ることなのですから、
それはもったいないことです。

本音や自分の本当の気持ちなんていうのも、
同じように考えてみてくださいね。

5月31日まで販売中の、動画セミナーでは
もっと詳しく解説しています。

1月に満員御礼で開催した
『隠れた本音を知るチカラ、ふたぱっかんセミナー』の動画です。

▼詳細はこちら
http://yukahata.com/20170122seminner/

▼内容を3分に凝縮した動画はこちら
https://vimeo.com/214664222

セミナーに参加された方から、
たくさん喜びの感想をいただきました!

『あぁ、本音ってこんな感じでいいんだ!』
『こうやって導くのか!』
『ぱっかんって、こういう感じ!?』

ワークも取り入れて、潜在意識から引き出すコツを解説していますので、ご賞味ください。

▼5月31日まで販売中です。
http://yukahata.com/20170122seminner/




では、今日のメルマガはここまで。

いつも嬉しい感想、ありがとうございます。
今日もお待ちしております。(そのまま返信でとどきます。)


はたゆか

 


シンクロニシティは、「点」で
「点」と「点」を繋いだときの「線」

「点」と「点」と「点」を繋いだ時の「面」


そうそうそう!!そうなのです!!!


それで、この「線」や「面」をどう読み取るかに
その人の個性や魅力があるように僕は感じます。



起きているできごとは「点」であって、それ自体には
それほど大きな意味や特別な体験ではないという
ことがほとんどです。





その点と点を繋いで全体を俯瞰すると
より大きな流れや、展開や、場合によっては
運命としか思えないような繋がりが見えてくる。


それらは、思い込みなのかもしれない。


が、過去を振り返って、自分の身に起きていた
「点」と「点」を繋いでいくと、
どの「点」もいまの自分を構成する要素であったことに
気づきます。


さらに「点」を増やしていくと、これまで気づいていなかった
過去に存在していた出来事の意味が一気に変わることもあります。


あれだけ憎んでいた父親が、実は不器用で気持ちが表現できない人
だっただけで、ずっと愛されていたことに気づくみたいな。


父親の気づかなかった一面に気づくという
「ひとつの点」が視えただけで

過去の「全部の点」が一気にオセロのように
ひっくり返った!という感じですね。


つまり「点」をどう捉えるのか?

それを踏まえて、自分のいま、過去、未来を
どう見るのか?


それは、ひとりひとりの自由意志でどのようにも
描くことができるのです。


それは、老若男女、性別年齢関係なく、
誰もがもつ、潜在した”創造の自由”でもあるのです。

 


この感覚を、“創造の自由” って表現してしまうところが
由佳さん素敵だなー。



ブログも「これをそう表現するんだ!!」という言葉のチョイスが好きで
読んでいて、気持ちがいい。

おすすめです!


f:id:horiuchiyasutaka:20170516101810p:plain










残りあと2日となりました。こちらの「サキ読み」もよろしくー。

f:id:horiuchiyasutaka:20170419173711j:plain



★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」の解説動画、公開しました!


・なぜ「読むだけ」でシンクロが増えるのか!?



・大反響!!紹介動画




★「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」
 公式Facebookページ立ち上げました!
 「いいね!」で最新情報が届きます。





■LINE@では、ライブでメッセージ配信中!

堀内恭隆公式LINE@

 

■メールマガジンでは濃ゆい情報を配信!

LDM公式メールマガジン





■直近のイベント・セミナー情報■


【 月額1000円でセミナー受け放題!シンクロ倶楽部 】


f:id:horiuchiyasutaka:20161114211427p:plain




6月24日(土) 「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」解説&質問



「夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント」が出版されて丁度1ヶ月。
著者である僕が、直接解説をします。さらに本を読んで感じた疑問や「どういうことなの?」といったことに関して全部答えます!

詳細は、こちらから>>